【ダカール16】KTMの三橋 淳、堅実な走りで順位上げる

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ダカールラリー2016に参戦中の三橋淳選手。マシンはKTM 450 RALLY REPLICA。
  • ダカールラリー2016に参戦中の三橋淳選手。マシンはKTM 450 RALLY REPLICA。
  • ダカールラリー2016に参戦中の三橋淳選手。マシンはKTM 450 RALLY REPLICA。
  • ダカールラリー2016に参戦中の三橋淳選手。マシンはKTM 450 RALLY REPLICA。
  • ダカールラリー2016に参戦中のKTMマシン。
  • ダカールラリー2016に参戦中のKTMマシン。
  • ダカールラリー2016に参戦中のKTMマシン。
  • ダカールラリー2016に参戦中のKTMマシン。
  • ダカールラリー2016に参戦中のKTMマシン。
現在開催中の「ダカールラリー」(Dakar Rally 2016)。80年代に始まったモータースポーツブームを経験したファンには“パリダカ”といえばピンとくるだろうか、毎年正月明けにスタートする世界一過酷なラリーが今年もおこなわれている。

2009年以来、舞台をアフリカ大陸から南米に移し、今大会はアルゼンチンとボリビアでの13のオフロード・スペシャルステージ(SS)からなるおよそ9000kmの道のりを16日間かけて走りきる。

14年連続で総合優勝しているKTMファクトリチームは、女性ライダーを含む6台体制で今年もその栄冠を狙っているが、現在は着実なレース運びで優勝圏内にとどまり、虎視眈々と機を伺う状況。

一方、優勝戦線からは離れているものの、そのビッグチャレンジから各方面で注目されている日本人ライダーがいる。昨年の4輪市販車部門の覇者である三橋 淳選手だ。

三橋選手は2001~03年、ダカールラリーに2輪で参戦した後、04年に4輪へ転向し、15年までに市販車クラスにて5回もの優勝を誇るダカールラリーを知り尽くした男。今回、KTMのサポートのもと、南米開催になってからのダカールラリーでは日本人初となるバイク完走を目指している。

気になる現状だが、第7ステージ終了時点で65位、トップとの差は42分9秒。大きな転倒もなく、着実に距離を重ねるとともに少しずつ順位を上げている。KTM 450 RALLY REPLICA も快調のようだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

    【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  4. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  6. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  7. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  8. 【ルマン24時間 2016】1966年優勝の フォードGT、フルレストア

  9. 乗り物をアートする…オートモビルアート連盟の作品展がスタート 7月4日まで

  10. ダッジ バイパー ばかり、買いも買ったり79台…米国の夫妻が話題に

アクセスランキングをもっと見る