ホンダ二輪販社 2016年イチオシは「アフリカツイン」…“日本支えてきた”原付も

モーターサイクル 企業動向

CRF1000L Africa Twin
  • CRF1000L Africa Twin
  • CRF1000L Africa Twin
  • CRF1000L Africa Twin
国内二輪4メーカーの販売会社トップが16年上半期イチオシモデルを語っている。

国内メーカーの新車は、郵便など大口需要を除き、すべて卸販売会社を経由してバイク・ショップなどの店頭に並ぶ。メーカー100パーセント出資の子会社だ。つまり、新車の売れ行き状況を把握し、これからのトレンドを最もよく予測できる立場にある。

ホンダモーターサイクルジャパン(=HMJ 北区赤羽西6)の加藤千明社長のイチオシは、東京モーターショーに出展、話題をさらった『CRF1000L アフリカツイン』(998cc)だ。ダカールラリーに象徴される大陸走行をイメージした大型バイクだ。欧州先行15年12月発売、国内販売予定モデルだが、すでにホンダ日本語ホームページにも、専用サイトが設けられている。

「東京モーターショーの反響を見ると、新開発のエンジンとフレームなど随所に最新の技術を導入して、新しい価値観を提案できるモデルとして高い評価を得たと思う。特にホンダ独自の二輪車専用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)や、ABSとホンダセレクタブル・トルクコントロールを搭載したモデルに期待の高まりを感じた」

昨年16年ぶりに発売した原付スクーター「タクト」に見られる50ccバイク市場へのテコ入れも考える。

「日本の二輪車市場は原付一種が支えてきた歴史がある。市場規模が大きく縮小してしまっているが、日常の乗り物に求められる利便性や経済性など、原付一種の有用性はもっともっと多くの人に活用してもらえる」

加藤氏は82年にホンダ技研に入社。二輪一筋で、HMJの社長に就任した。営業、商品開発の後、中国やタイなど約17年海外に駐在した。駐在中はタイホンダ製でタイ国内での「日常の足」、日本でも人気のPCXが愛車だった。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  2. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

    【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  3. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

    ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  4. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  5. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  6. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  7. ヘルメットを被ったままで通話できる---バイク用インカム発売

  8. カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

  9. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  10. 【スズキ GSR250F 試乗】“250ツアラー”、競合フルカウルとは明確な違い…青木タカオ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら