【CES16】ニコン、試作全天球カメラ「KeyMission 360」を出展

エンターテインメント 話題

ニコンが展示した360度アクションカメラの試作機「KeyMission 360」
  • ニコンが展示した360度アクションカメラの試作機「KeyMission 360」
  • リコーも「THETA S」を出展
  • GIROPTIC社の「360cam」
  • 360HeroのGoPro対応アダプター
 今年の「CES 2016」では、撮影者の周囲360度をワンショットで“全天球撮影”できるカメラが人気を集めている。

 同カテゴリーではリコーが先行するかたちで「THETA(シータ)」シリーズを発売。これに続き、昨年はポラロイドが耐衝撃、防水・防滴対応の「PIXPRO SP360」を発表し賑わいを見せ始めた。ここに、ニコンが今回、360度の4K映像が撮れるアクションカメラ「KeyMission 360」を参考出展し注目を集めている。

 本体の前後に撮像素子とレンズを搭載。水深30mまで潜って撮影できる防水性能や、耐衝撃・耐寒・防塵性能を備える。日本国内でも今春の発売を目指して開発が進められているようだ。

 会場では、フランスのGIROPTIC社がその名もずばり「360cam」を出展。Wi-Fiでつないだスマホやタブレットに4K高画質の360度映像をダイレクトにストリーミングができる。サイトでは499ユーロで予約販売を開始している。ほかにも360Hero社は、複数のGoProを装着して360度映像を撮るためのアダプターを数多く商品化している。

 これほど360度全天球カメラが人気を集める背景には、撮った映像をオキュラスやサムスンが商品化しているVRヘッドマウントディスプレイでも楽しむことができるからだ。VRヘッドマウントディスプレイのメーカーからも、これからコンテンツを全て自前で、あるいはSDKなどを公開して多くのコンテンツプロバイダーを募りながら手間をかけてつくるだけでなく、一般ユーザーが自発的に撮影してクラウドサービスなどに投稿したコンテンツも取り込みながら成長の起爆剤としていける期待感が高まっている。おそらくVRと360度カメラは相互補完的な関係を強めながら、今年のデジタルギアの大きなトレンドに成長していくのではないだろうか。

360度全天球カメラがブレイク間近! ニコンも試作機「KeyMission 360」を出展……CES 2016

《山本 敦@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 地図はもういらない!?...タンデムスタイル 2016年6月号

    地図はもういらない!?...タンデムスタイル 2016年6月号

  2. 「イオンスマホ」を使いはじめて1か月、ドコモと料金を比較した結果

    「イオンスマホ」を使いはじめて1か月、ドコモと料金を比較した結果

  3. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

    【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  4. 年収1000万円の人よりも年収300万円の人が幸せな理由とは

  5. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ前編】アクティビティトラッカーの新しい存在意義を見いだした意欲作

  6. 4億円の超稀少車ランボルギーニ ヴェネーノが米国セレブに納車される[動画]

  7. 【GARMIN ForeAthlete 920XTJ インプレ後編】高機能極めた“鉄人”専用のトレーニングウォッチ

  8. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ後編】常時心拍計測で始まる健康管理生活

  9. 子どもも大喜び、オモシロ食材が楽しい「節約BBQ」

  10. 日産 GT-R NISMOに乗ってみた…まるでゲームの世界

アクセスランキングをもっと見る