ホンダ クロスカブ、リセール価格ランキングで首位...バイク王バイクライフ研究所

モーターサイクル 企業動向

ホンダ・クロスカブ
  • ホンダ・クロスカブ
  • ホンダ・クロスカブ
  • ホンダ・クロスカブ
「バイク王バイクライフ研究所」(澤篤史所長)は7日、15年9~11月期を対象とした「リセール・プライス」調査結果を公表。上位10車種の総合ランキングでホンダ『クロスカブ』が首位になったことを明らかにした。

同研究所がオークション売却での落札価格と新車販売価格をもとに「リセール・プライス」をポイント化してランキングした。ポイントは、調査期間中に人気の高かったモデルで、それだけリセールバリューの高く、新車や中古車購入の指針となる。

『スーパーカブ110』がベースとなったクロスカブは、実用性の高いスーパーカブの信頼性をもとに、62.5km/リットルという燃費の良さに、最低地上高を20mmあげて乗りやすさファッション性を高めたモデル。スクーターとは違った個性と乗り味、しかもロータリー式4速ギアながらクラッチがないためAT免許でも乗れる便利さなどから、安定した人気を誇っている。

前期(15年6~8月)首位だったホンダ『モンキー』の獲得ポイント78.5ポイントと比較すると3ポイントほど低いが、すでにクロスカブも3回目の総合ベスト10入りだ。

2位~4位を独占したのはヤマハ『MTシリーズ』。中でも「MT-09 TRACER」は、前回調査(15年6~8月期)と同様に2位。MTシリーズとしては4連続のランクインとなった。同研究所が「今後も注目のモデル」と評したが、トップ10の安定したランクインは、ユーザーがその使い勝手のよさを評価する証かもしれない。

スポーツタイプの人気も上昇している。カワサキ『Ninja250SL』が初のランク入りしたほか、全部で4種類のフルカウルモデルが食い込んだ。調査機関がツーリング・シーズンにあたり、ユーザーのニーズが高まったせいではないかと、研究所は分析する。

総合ランキングは以下の通り
(順位/前回順位/ランクイン回数/メーカーと車種/リセール・プライス)

1位 9/3/ ホンダ・クロスカブ 75.1Pt
2位 7/4/ ヤマハ・MT-07 73.3Pt
3位 2/2/ ヤマハ・MT-09 TRACER 72.9Pt
4位 5/5/ ヤマハ・MT-09 72.1Pt
5位 -/初/ ホンダ・CBR125R 71.9Pt
6位 3/4/ ヤマハ・SEROW250 71.8Pt
7位 6/3/ ホンダ・CBR600RR 71.8Pt
8位 4/3/ ヤマハ・YZF-R25 71.7Pt
9位 -/初/ カワサキ・Ninja 250 SL 71.2Pt
10位 10/3/ ホンダ・CRF250L 70.8Pt
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  4. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  5. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  6. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  7. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  8. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  9. 【ホンダ CTX1300 試乗】クルーザーの新境地を開拓、V4エンジンの“スポーツクルーザー”…和歌山利宏

  10. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

アクセスランキングをもっと見る