ルノー・ジャポン、年間販売が初の5000台達成…大極社長「毎年増やして行く」

自動車 ビジネス 企業動向

ルノー キャプチャー アニヴェルセル
  • ルノー キャプチャー アニヴェルセル
  • ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極司氏
  • ルノー キャプチャー アニヴェルセル
  • ルノー キャプチャー アニヴェルセル
  • ルノー キャプチャー アニヴェルセル
  • ルノー キャプチャー アニヴェルセル
  • ルノー キャプチャー アニヴェルセル
  • ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極司氏
ルノー・ジャポンは、暦年での販売台数が2015年に初めて5000台の大台を超えたことを明らかにした。

同社代表取締役社長の大極司氏は、7日に発売したコンパクトクロスオーバー『キャプチャー』の限定車『キャプチャー アニヴェルセル』の報道向けイベントにて、「2015年暦年でルノーの日本での販売が速報値で5082台とようやく初の5000台の大台を超えた。これはルノーが日本に上陸して以来の最高販売台数の更新だ」と発表し、「毎年少しずつ台数を増やし、今年で6年連続前年比を上回る販売になった」とコメント。

また、「5000台はインポーターとしてのひとつのベースだと考えており、ここから増やすということは(店舗やサービスを含めた)キャパシティの問題が出てくるので、これからも改革をしていかなければいけない。そうしながら、5000、6000、7000、1万台と毎年増やしていくつもりだ」と意気込みを語る。

また、現在ある64店舗のほぼ全てが新しいVIに切り替わったことを挙げ、「これらを含めてルノー・ジャポンの新たな第一歩だと思っている」とした。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品