ヴィン・ディーゼル、映画賞授賞式で故ポール・ウォーカーに歌を捧げる

モータースポーツ/エンタメ 映画

ヴィン・ディーゼル(C)Getty Images
  • ヴィン・ディーゼル(C)Getty Images
  • ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
  • ヴィン・ディーゼル(C)Getty Images
ヴィン・ディーゼルが6日(現地時間)、ピープルズ・チョイス・アワード授賞式で2013年に亡くなった共演者、ポール・ウォーカーに歌を捧げた。

ヴィンが出演した『ワイルド・スピード SKY MISSION』はこの日、ピープルズ・チョイス・アワードでお気に入り映画賞とお気に入りアクション映画賞を受賞。同作でプロデューサーも兼任するヴィンは受賞スピーチで「自分の席に座っていたときは大丈夫だった。でも2つの賞をくれた。だから、ドムとブライアン(映画でヴィンとポールが演じたキャラクター)のことを、そしてポールのことを思い始めた」と話し始めた。

ポールは『ワイルド・スピード SKY MISSION』撮影中の2013年11月30日、友人の運転するポルシェに同乗中に交通事故に遭い、亡くなった。

「僕の唯一のメッセージは、愛のなせるわざの素晴らしさだ」と言うヴィンは「それがどんなにパワフルなフォースだったか。あの悲劇があまりに重過ぎて、僕たちが撮影再開をしたくないと思ったときも、みんなの愛のおかげで最後までやり遂げることができた」と語った。

そしてヴィンは、映画の主題歌であるウィズ・カリファ&チャーリー・プースの「See You Again」の一節「友よ、君がいなくなってしばらく経つ。また会うときにいろいろ話す」を歌ってポールに捧げた。
《text:Yuki Tominaga》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品