JAL、2015年の定時到着率が89.44%で世界1位…2年ぶりに3冠獲得

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、2015年の定時到着率が世界1位になったと発表した。

航空会社の定時到着率など、さまざまな分析を行っている米国のFlightStatsから、2015年1-12月の国内線・国際線を合わせた運航実績において主要航空会社部門で世界1位に認定された。JALの国内線・国際線定時到着率は89.44%だった。

また、アジア・パシフィック主要航空会社部門でも1位に認定されたほか、アライアンス部門でも、JALが所属するワンワールドが1位に認定された。JALが対象となる3部門すべてで1位となった。

これまで3冠を獲得した航空会社は世界でJALだけで、今回は2010年、2012年、2013年に続いて4度目の3冠獲得となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

    JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

  2. 熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

    熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

  3. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

    JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  4. 【夏休み】成田国際空港、ワンデイ・サマースクールを実施…ANA訓練施設で職業体験も

  5. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  6. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  7. 山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

  8. JAL、熊本・大分線に「応援先得」運賃…期間限定で最大69%割引

  9. ANA、マイレージサービスで同性パートナー登録を受付…LGBT

  10. JAL、客室乗務員が「最高の笑顔」のデジタル化に協力

アクセスランキングをもっと見る