JAL、2015年の定時到着率が89.44%で世界1位…2年ぶりに3冠獲得

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、2015年の定時到着率が世界1位になったと発表した。

航空会社の定時到着率など、さまざまな分析を行っている米国のFlightStatsから、2015年1-12月の国内線・国際線を合わせた運航実績において主要航空会社部門で世界1位に認定された。JALの国内線・国際線定時到着率は89.44%だった。

また、アジア・パシフィック主要航空会社部門でも1位に認定されたほか、アライアンス部門でも、JALが所属するワンワールドが1位に認定された。JALが対象となる3部門すべてで1位となった。

これまで3冠を獲得した航空会社は世界でJALだけで、今回は2010年、2012年、2013年に続いて4度目の3冠獲得となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  2. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  3. JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入

    JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入

  4. JAL、夏の観光シーズンに大阪=女満別/旭川/松本線を増便

  5. スカイロボット、人工知能を搭載したドローンで遭難者を探索する実証実験を実施

  6. JAL、国際線777全機をスカイスイート仕様に…11機に導入

  7. JALの熊本支援プロジェクト、第1弾は「阿蘇の牛乳」で

  8. 伊勢志摩サミット関連施設周辺でドローン飛行禁止…伊勢神宮や平和記念公園

  9. アメリカ軍のステルス戦闘機F-22、横田基地へ計14機が飛来

  10. ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

アクセスランキングをもっと見る