飲酒運転車と正面衝突、軽乗用車の2人が死傷

自動車 社会 社会

4日午前4時5分ごろ、山梨県甲府市内の県道を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた軽乗用車と正面衝突する事故が起きた。この事故で順走側の2人が死傷。警察は乗用車を運転していた19歳の少年を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

山梨県警・甲府署によると、現場は甲府市上石田付近で片側2車線の直線区間。乗用車は対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた軽乗用車と正面衝突した。

衝突によって軽乗用車は横転大破。乗っていた男性2人が車外に投げ出され、67歳の男性が全身強打でまもなく死亡。40歳代とみられる男性も骨折などの重傷を負い、近くの病院へ収容されている。逸脱側のクルマを運転していた富士川町内に在住する19歳の少年も打撲などの軽傷を負ったが、呼気から酒気帯び相当量のアルコール分を検出したことから、警察は道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕。自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死傷)容疑でも調べを進めている。

死傷した軽乗用車の2人は運転代行業者の従業員で、業務中だった。事故の直前に現場手前で蛇行運転を繰り返すクルマが目撃されており、警察ではこれが少年の運転するクルマだった可能性が高いとみている。

聴取に対して少年は飲酒運転の事実を大筋で認めており、警察では飲酒した場所や量の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

    ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  3. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

    『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  4. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  5. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  6. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  7. 首都高で200km/h暴走、4人を逮捕 死亡事故で発覚

  8. 「増設に向けた検討を指示」...バスタ新宿 女子トイレ問題

  9. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  10. 軽自動車限定免許での「軽自動車運転」は無免許運転にあたらず

アクセスランキングをもっと見る