ブームの予感? 車内の静粛性をアップする「デッドニング」

自動車 ビジネス 国内マーケット

ブームの予感? 車内静粛性UP施工
  • ブームの予感? 車内静粛性UP施工
  • ボンネットを施工すると車内のノイズが5dB程度下がってくる
  • ルーフの施工は風切り音や雨の日に大きな効果を発揮する
  • フロア施工はロードノイズを大幅に低減してくれる
昨今の自動車メーカー各社では安全性を追求しながら省燃費を目指すクルマが多くラインナップされている。

エンジン設計や空力、そしてアイドリングストップなど色々な方法でエコ対策を行っているのだが、車重増加を防ぐために鉄板が薄くなるなどの軽量化も行われ、その犠牲になるのが車内の静粛性となってしまう。

日常で使用するとき特に気になるのがアイドリングストップで、信号待ちなどエンジンが止まる事でエコには貢献しているのだが、エンジンOFFでの静かさで逆に発進時エンジン再始動のノイズが非常に気になるユーザーも多いはず。他にも走行時のフロアノイズや風切り音、雨の日のルーフノイズなど静粛性を損ねる原因は数多く存在する。以前に比べて買ったクルマの保有年数が延びているという事もあり、そのクルマをいかに快適にするかが注目されていて、今回紹介する車内静粛性アップ施工は急速に広まりつつあるアフタープランなのだ。

デッドニングという言葉をご存じであろうか? カーオーディオの世界では非常に重要な事なのだが、一般的にはあまり知られていない施工内容。このデッドニングというのはクルマの鉄板にブチルやアスファルト系のシートを貼っていき、鉄板の共振を抑えることでノイズの原因となる付帯音を減らしていく施工なのだが、ここ最近ではカーオーディオとは全く関係のない一般ユーザーの施工が急速に増えている。ここでは全国12店舗のグループとなっているサウンドステーションというカーオーディオプロショップが積極的に展開しているプランを元に紹介していく。

施工プランはクルマ全てを施工することも出来るのだが、気になる部分を優先的に施工できるようにフロアー・トランク・ボンネットフード・ルーフ・ピラーと各部ごとに料金が定められている。アイドリングストップ車に人気なのがボンネットフード施工でブチルとアルミが合わさっているシートを貼り込んでいく。施工後はエンジンが数メートル離れたような感覚で非常に効果が高く分かりやすい。施工費用は28,000円(税別、軽自動車)~35,000円(税別、大型車)。ロードノイズに効果が高いフロア施工はフロント部分の施行で55,000円~70,000円と車格によって変わってくるが、もっとも注文が多い施工だという。まずは1ヶ所作業を行って、その効果の高さを体感したユーザーの多くがリピーターとなり別の部分を施行依頼してくるそうだ。

ノイズによるストレスの軽減、静かになる事で会話も楽になる車内静粛アップ施工は今回紹介したサウンドステーショングループだけではなく全国のカーオーディオプロショップで行われているので、当サイトにあるプロショップ検索で近所のお店を見つけて相談して欲しい。

ブームの予感? 車内静粛性UP施工

《藤澤純一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  2. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  3. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

    メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  4. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  5. トヨタL&F、10~23トン積ディーゼルフォークリフトを発売…最新排出ガス規制適合

  6. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  7. トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

  8. マツダ、タイ工場のエンジン生産能力を3倍に増強

  9. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  10. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら