【CES16】アウディ、バーチャルダッシュボード初公開 | レスポンス(Response.jp)

【CES16】アウディ、バーチャルダッシュボード初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

アウディのバーチャルダッシュボード
  • アウディのバーチャルダッシュボード
  • アウディのバーチャルダッシュボード
  • アウディのバーチャルダッシュボード
  • アウディのバーチャルダッシュボード
ドイツの高級車メーカー、アウディは1月6日、米国ラスベガスで開幕したCES16において、「アウディバーチャルダッシュボード」を初公開した。

これは、アウディが考える次世代の自動車オペレーションとディスプレイの最先端コンセプト。すでにアウディは、「アウディバーチャルコクピット」を新型『TT』で実用化。今度は、メーターパネルだけでなく、ダッシュボード全体のデジタル化に取り組む。

アウディはCES16において、触覚フィードバック技術に対応した大型アクティブ マトリクス式有機EL(AMOLED)を特徴とするHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)のインテリアを初公開。スマートフォンやスマートウォッチなどのモバイルデバイスがシームレスで接続可能な最先端オペレーション&ディスプレイシステムの背景には、アウディが開発した次世代のモジュラー インフォテインメント プラットフォーム「MIB2+ 」が存在する。

より高度な処理・演算能力を身につけたMIB2+は、高解像度のディスプレイ採用を可能としただけでなく、最新鋭の無線通信規格であるLTEアドバンスにも対応している。

アウディの電子電装開発部門担当、リッキー・フーディー上級副社長は、「これまで成功を収めたアウディ バーチャルコクピットを、アウディ バーチャルダッシュボードに進化させ、今まで経験したことのない、全く新しい世界を創造した」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品