【CES16】アストンマーティンと中国IT企業、ラピードS のコネクティビティを強化

自動車 ニューモデル モーターショー

アストンマーティン ラピードS の オートリンク
  • アストンマーティン ラピードS の オートリンク
  • アストンマーティン ラピードS の オートリンク
  • アストンマーティン ラピードS の オートリンク
英国の高級スポーツカー、アストンマーティンは1月6日、米国ラスベガスで開幕したCES16において、『ラピードS』の「オートリンク」を初公開した。

アストンマーティンは2015年12月、中国のIT企業、「Letv」(楽視)との間で、研究開発プロジェクトを共同で行うことで合意。このプロジェクトには、コネクティビティに優れた電動化車両を開発することなどが含まれる。

CES16で初公開されたラピードSのオートリンクは、Letvの最新IOV(インターネット・オブザ・ビークル)システムを採用。ラピードSのセンターコンソールやメーターパネルをカスタマイズし、コネクティビティを高めた。

具体的には、センターコンソールに13.3インチのHDタッチパネル、メーターパネルに12.2インチのデジタルメーターを装備。Letvの音声認識技術によって、マン・マシン・インターフェースが追求された。

アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOは、「Letvの先進のコネクト技術をラピードSに組み合わせたのは、将来的に顧客の要望が増えると見ているため」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

    マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  2. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

    【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  3. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

    ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  4. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  5. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  6. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  7. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  8. アルファロメオ ジュリエッタ にお得な限定車…ベース車より10万円安

  9. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  10. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

アクセスランキングをもっと見る