【CES16】韓国キア、新ブランド立ち上げ…自動運転技術に特化

自動車 ニューモデル モーターショー

キアソウルEVの自動運転車
  • キアソウルEVの自動運転車
  • キアソウルEVの自動運転車
  • キアソウルEVの自動運転車
  • キアのプレスカンファレンス(CES16)
  • キアのプレスカンファレンス(CES16)
  • キアのプレスカンファレンス(CES16)
  • キアのプレスカンファレンス(CES16)
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は1月6日、米国ラスベガスで開幕したCES16において、新ブランドの「DRIVE WISE」を立ち上げると発表した。

DRIVE WISEは、キアが早期の実用化を目指して研究開発に取り組んでいる自動運転技術に特化したブランド。キアは2020年までに部分自動運転を、2030年までに完全自動運転の実用化を目標に掲げている。

キアはCES16の会場に、『ソウルEV』をベースにした自動運転のテスト車両を展示。同車は米国ネバダ州当局から、公道走行テストの認可を取得したばかり。

また、CES16では、DRIVE WISE技術の一部も展示。レーダーとカメラを使ったレーン維持と車線変更システム、GPSおよびセンサーによる高速道路以外での自動運転システム、緊急停止システム、渋滞アシストなどを紹介した。

キアが属するヒュンダイモーターグループのTae-Won Lim上級副社長は、「キアの完全自動運転車はすぐには登場しないが、すでにDRIVE WISE技術は安全性やドライバー支援システムの性能を向上させている」と述べた。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品