【CES16】インテル、スティック型PCの新モデル発表

エンターテインメント 話題

USBポートも2基搭載して本体サイズも大きくなった新「Intel Compute Stick」
  • USBポートも2基搭載して本体サイズも大きくなった新「Intel Compute Stick」
  • 旧型「Intel Compute Stick」
 インテルは6日(現地時間)、CES 2016においてスティック型PC「Intel Compute Stick」の新モデルを発表した。プロセッサを刷新し、USBポートも2基搭載する。

 「Intel Compute Stick」新モデルは、プロセッサに「Atom」と「Core M」搭載バージョンをラインナップ。「Atom」版はすでに出荷が開始されており、価格は159ドル。「Core M」搭載モデルは2月に発売される予定だ。USBポートが従来機の1基から2基へと増えて1基はUSB 3.0に対応したほか、無線LANがIEEE 802.11acにも対応する。

 「Atom」版は、プロセッサがAtom x5-Z8300(4コア/1.44GHz)、メモリが2GB、ストレージが32GB、OSがWindows 10。本体サイズは幅38mm×高さ113mm×奥行12mm。

 「Core M」版はCore m3-6Y30(2コア/900MHz)、Core m5-6Y57 vPro(2コア/1.1GHz)があり、メモリ4GB、ストレージ64GBを搭載する。価格はCore m3版が399ドル、Core m5版が499ドルとなる。

インテル、スティック型PCの新モデル発表……CES 2016

《関口賢@RBB TODAY》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品