【CES16】ZF TRW、リンスピード社の新型コンセプトカーに自動運転機能などを提供 | レスポンス(Response.jp)

【CES16】ZF TRW、リンスピード社の新型コンセプトカーに自動運転機能などを提供

自動車 テクノロジー 安全

リトラクタブル(格納式)ステアリングホイール
  • リトラクタブル(格納式)ステアリングホイール
  • リトラクタブル(格納式)ステアリングホイール
  • ルーフエアバッグ
ZF TRWは、米国ラスベガスで開催中の「CES 2016」で、スイスのリンスピード社が公開した新型コンセプトカー「エトス」に自動運転機能と安全機能を提供している。

エトスは、ハンズオン・オフ検出機能付きのリトラクタブル(格納式)ステアリングホイールを装備する。ドライバーはハンドル上部のドライバーモードマネージャー(DMM)ディスプレイで、運転を行うか、自動運転にするかを指定可能。「Push to Drive」を選択すると手動運転を意味する「M」が点灯し、ハンドルから手を放すと自動運転を意味する「A」が点灯。自動運転時にはステアリングホイールを折りたたみ、広い空間を作り出し、運転以外のことを行ったり、リラックスした態勢で休むことができる。

また、前席用エアバッグをルーフ部分に納めたルーフエアバッグも装備。ルーフエアバッグは乗員前方のフロントガラスに沿って開き、前部座席に座る乗員の拘束、保護をサポート。従来のフロントエアバッグと同等の乗員保護性能を実現しながら、インテリアデザインの柔軟性を高めることにも寄与する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品