デルタ航空、早大の留学プログラムに渡航用航空券を無償提供

航空 企業動向

デルタ航空が早稲田大学の留学プログラムを支援
  • デルタ航空が早稲田大学の留学プログラムを支援
  • デルタ航空が早稲田大学の留学プログラムを支援
  • 早稲田大学「グローバル・リーダーシップ・プログラム」
 デルタ航空は1月7日、早稲田大学の学生向け米国留学プログラムの趣旨に賛同し、選抜された学生に米国渡航用の航空券を提供することに同意した。期間は2015年度から2年間。デルタ航空が日本の大学の留学支援プログラムを支援するのは、これが初めて。

 デルタ航空では、教育支援をコミュニティ活動の柱のひとつとして位置付け、教育機関や学校を支援している。日本では、フルブライト奨学金やTOMODACHIイニシアチブのスポンサーとして、日本人の学生・社会人の米国留学をサポートしている。

 今回支援を行うのは、早稲田大学が学生向けに提供する米国留学プログラムのひとつである「グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム」。2012年度より開始したこのプログラムでは、多様な価値観を尊重できる真のグローバル・リーダーの育成を目指して、米国の名門大学と共同運営している。1年次の秋に、書類審査や面接試験などをとおしてフェローズ(派遣学生)約15名を選抜。

 派遣学生の留学先は、ボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学、ニューヨークのコロンビア大学、サンフランシスコのカリフォルニア大学バークレー校、シアトルのワシントン大学、ニューハンプシャーのダートマス大学、ワシントンD.C.のジョージタウン大学といった、米国を代表する大学が名を連ねる。1年間の海外留学に加え、留学前後にも特別なカリキュラムが組まれ、学部4年間を通じてのプログラムであることが大きな特徴となっている。

 デルタ航空は、早稲田大学の「世界を舞台に活躍するリーダーを育てる」という留学プログラムの趣旨に賛同し、提携を決定したという。デルタ航空日本支社長の森本大氏は、「日本で最大の運行規模を持つ米国の航空会社として、将来有望な学生が渡米し、多くの経験を持ち帰れるよう協力したい」とコメントしている。
《黄金崎綾乃》

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  2. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

    ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  3. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

    アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  4. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  5. ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

  6. ANA、50機目となるボーイング787型機を受領へ

  7. 職業体験施設キッザニアの飛行機パビリオンをリニューアル…ANA

  8. ボーイング、営業赤字に転落…787型機開発費など 4-6月期決算

  9. 関空に簡易宿泊施設「ファーストキャビン」 2017年3月オープン

  10. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら