【東京オートサロン16】豊田自動織機が初出展…独自開発コンセプトカーを展示 | レスポンス(Response.jp)

【東京オートサロン16】豊田自動織機が初出展…独自開発コンセプトカーを展示

自動車 ニューモデル モーターショー

豊田自動織機は、1月15日から17日までの3日間、幕張メッセで開催される、「東京オートサロン2016」に初出展すると発表した。

今回「New Drive and Leisure」をテーマに、新たな走りをイメージさせるダイナミックなデザインと、コンパクトなボディーの中にユーティリティーを兼ね備えた独自のコンセプトカーを展示する。

クーペの持つスペシャリティ感と走りをイメージするスタイリングに、SUVのダイナミックさ、使い勝手を付与し、アクティブなアッパーエイジのパートナーとして理想を表現し、新しい走りとレジャーの方向性を提案する。

また、2015年全日本ラリー選手権のチャンピオン獲得車両「豊田自動織機ヴィッツGRMNターボ・ラリーカー」も展示する。2013年9月に200台限定発売された「ヴィッツGRMNターボ」をチューニングしたラリーカーだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品