ISID、マツダにMR技術を用いた車両塗装シミュレータを導入

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ ロードスター(参考画像)
  • マツダ ロードスター(参考画像)
電通国際情報サービス(ISID)は1月7日、マツダにMR(複合現実)技術を用いた車両塗装シミュレータを導入したと発表した。

昨今、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などのビジュアリゼーション技術が様々な産業で活用されているが、自動車のボディ塗装で、ビジュアリゼーション技術を用いた本格的な塗装シミュレータが導入されるのは日本初となる。

マツダのブランドカラー「ソウルレッド」のような特別な発色は、微細な塗膜構造を設計し、それをボディ曲面で実現するために、ロボット塗装やマニュアル塗装を高精度に制御する塗装ラインを構築することで量産化が可能となる。

新システムの「車両塗装シミュレータ」は、キヤノン製のMRシステム「MREAL(エムリアル)」と旭エレクトロニクス製の塗装シミュレーションソフトウエアを採用。技能者の動きやロボット塗装プログラムのデータを、車両部品の3D設計データと連携させることで、実機による塗装評価に匹敵する精緻なシミュレーションを実現し、塗膜が形成される過程をバーチャルな環境で精緻にシミュレーションすることで、塗膜構造の作り込みのさらなる高品質化と短期間化に貢献する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  3. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

    日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  4. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  5. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  8. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  9. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら