【CES16】BMW、ジェスチャーで自動駐車を可能に

自動車 ニューモデル モーターショー

BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは1月5日、米国ラスベガスで開幕した「CES2016」において、「ジェスチャー・コントロール・パーキング」を発表した。

すでにBMWは、新型『7シリーズ』で、自動駐車を実用化。車両のキーを操作しての自動駐車だった新型7シリーズから一歩進め、ジェスチャーによる自動駐車を可能にしたのが、CES16で発表されたジェスチャー・コントロール・パーキング。

開発テーマは、「パーキングをもっと便利に」。BMWのジェスチャー・コントロール・パーキングでは、BMW 『i3』 がドライバーなしに自動で移動して、駐車スペースへ入出庫できる。手を振るジェスチャーで作動するこの機能は、スマートウォッチで認識され、車両に送信される。

予定の場所に到着したら、BMW i3 は空いている駐車スペースを探すのを手伝う。システムが空きスペースを認識したら、ドライバーはそれを選択し、車を止めて降りればいい。

ドライバーはBMW i3 の横に立ち、スマートウォッチに個別で設定したジェスチャーを使用して起動させる。続いて手を振るジェスチャーで、駐車プロセスの開始のシグナルを出すと、ワイヤレスでBMW i3 に伝達される。

BMW グループは「現在、ユーザーがどのような状況の駐車スペースでも問題なく駐車できるようにするため、将来のジェスチャー・コントロール・パーキングに焦点を当てている」とコメントした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  3. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

    【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  4. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  7. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  8. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  9. メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

  10. 中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら