【CES16】BMW、ジェスチャーで自動駐車を可能に | レスポンス(Response.jp)

【CES16】BMW、ジェスチャーで自動駐車を可能に

自動車 ニューモデル モーターショー

BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
  • BMWのジェスチャー・コントロール・パーキング
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは1月5日、米国ラスベガスで開幕した「CES2016」において、「ジェスチャー・コントロール・パーキング」を発表した。

すでにBMWは、新型『7シリーズ』で、自動駐車を実用化。車両のキーを操作しての自動駐車だった新型7シリーズから一歩進め、ジェスチャーによる自動駐車を可能にしたのが、CES16で発表されたジェスチャー・コントロール・パーキング。

開発テーマは、「パーキングをもっと便利に」。BMWのジェスチャー・コントロール・パーキングでは、BMW 『i3』 がドライバーなしに自動で移動して、駐車スペースへ入出庫できる。手を振るジェスチャーで作動するこの機能は、スマートウォッチで認識され、車両に送信される。

予定の場所に到着したら、BMW i3 は空いている駐車スペースを探すのを手伝う。システムが空きスペースを認識したら、ドライバーはそれを選択し、車を止めて降りればいい。

ドライバーはBMW i3 の横に立ち、スマートウォッチに個別で設定したジェスチャーを使用して起動させる。続いて手を振るジェスチャーで、駐車プロセスの開始のシグナルを出すと、ワイヤレスでBMW i3 に伝達される。

BMW グループは「現在、ユーザーがどのような状況の駐車スペースでも問題なく駐車できるようにするため、将来のジェスチャー・コントロール・パーキングに焦点を当てている」とコメントした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品