ボルボとマイクロソフト、人と車の会話を可能にするシステムを開発 | レスポンス(Response.jp)

ボルボとマイクロソフト、人と車の会話を可能にするシステムを開発

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボとマイクロソフトのシステム
  • ボルボとマイクロソフトのシステム
  • ボルボとマイクロソフトのシステム
  • ボルボとマイクロソフトのシステム
スウェーデンのボルボカーズは1月5日、マイクロソフトと協力して、車とオーナーが会話できるシステムを開発した、と発表した。

今回、ボルボとマイクロソフトは、ウェアラブルな音声コントロールシステムを実用化。ボルボ車の顧客は、「マイクロソフト・バンド2」を介して、車と会話できるようになる。

マイクロソフト・バンド2では、ナビゲーションの設定、ヒーターの始動、ドアのロック、ライトの点滅、クラクションを鳴らすなどの操作を、ボルボの携帯電話用アプリケーション「Volvo on Call」やウェアラブルデバイスを通じて、車に指示できる。

2015年11月、ボルボとマイクロソフトは、「HoloLens」(ホロレンズ)テクノロジーを自動車に初めて導入することで協力すると発表。HoloLensは、世界初のアイウェア型ホログラフィックコンピュータで将来、顧客が車の選び方や買い方を一変させるような可能性を秘めている。

そして今、ボルボとマイクロソフトは、次世代の自動車テクノロジーを共同開発するという野心的計画におけるさらなる証明として、マイクロソフト・バンド2を介して、ボルボ車にリモート音声コントロールを提供する。

マイクロソフト・バンド2を通した音声コントロールとボルボのコネクティビティの新たな可能性は2016年春、Volvo on Callの顧客に提供される予定。ボルボカーグループの上級副社長兼チーフ・インフォメーション・オフィサーのクラス・ベンドリック氏は、「きっと誰も想像したことのない手首に付けたウェアラブルデバイスを通した車との会話を、始めてみようではありませんか」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品