【CES16】GM、ボルト EV 量産モデルを初公開…年内に生産開始

自動車 ニューモデル モーターショー

シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
  • シボレー ボルト EV
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは1月6日、米国ラスベガスで開催中のCES16 において、『ボルトEV』の量産モデルを初公開した。

『ボルト』(BOLT)は2015年1月、デトロイトモーターショー15に、コンセプトカーとして出品。それから1年を経て、CES16で量産モデルがデビューを果たした。

量産モデルは、コンセプトカーに対して、内外装のデザインを見直し。しかし、小型の5ドアハッチバックという基本デザインに変更はない。

現時点では、モーターやバッテリー(二次電池)など、EVパワートレインの詳細は公表されていない。シボレーによると、コンセプトカー同様、1回の充電での最大航続可能距離は、320km以上を想定しているという。

ボルトEVは、GMの米国ミシガン州オライオン組み立て工場において、2016年内に生産開始予定。米国市場では2017年モデルとして、ベース価格3万ドル(約355万円)以下で発売される。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「ボルトEVには、カーシェアリングに対応した最新のスマートフォンアプリケーション技術や先進のGPS機能を採用。現在そして将来の顧客のカーライフを引き上げるべく、設計されている」とコメントした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

    レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  2. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  3. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  5. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

  7. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

  8. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  9. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  10. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら