自転車事故の割合が高いのは中高生…事故率全国ワースト1位は群馬

自動車 社会 社会

「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
  • 「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
  • 「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
  • 「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
  • 「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
  • 「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
  • 「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
  • 「中高生の自転車事故実態」について自転車の安全利用促進委員会が調査
「中高生の自転車事故実態」について、自転車の安全利用促進委員会が調査結果を発表した。調査は三井住友トラスト基礎研究所の古倉宗治氏と、交通事故総合分析センターITARDA協力で行われた。

交通事故総合分析センターの資料によると、各年代別の自転車事故割合は、中学生と高校生の事故頻度がシニア層(55歳以上)に比べて約4~5倍高いことがわかった。そのうち約7割は自転車側の法令違反によることも明らかになった。

年齢層別千人当たりの事故頻度は、16~18歳(高校生の年代)が最も高頻度で5.6%、続いて13~15歳(中学生の年代)が4.1%、7~12歳(小学生高学年の年代)が2.4%。比較的若年層の事故割合が高い傾向となっている。55歳以上の事故率は、55~64歳が1.2%、65~74歳が1.4%だ。

次に都道府県別の中高生の事故件数・生徒数をもとに、一万人当たりの事故率を算出し、全国の中高生の事故状況を調べた。その結果、中学生と高校生の両方で群馬県の事故割合が高く、中学生は一万人あたり41.1人、高校生は97.7人となった。

中学生の全国平均9.7人、高校生の全国平均28.0人と比較すると、各5.3倍および3.4倍となる。中学生の部ワースト2位は佐賀、3位は香川。高校生の部ワースト2位は静岡、3位は宮崎。

古倉氏は群馬県が中高生ワースト1位となった理由として、自動車事故が多く、交通事故発生件数人口10万人当たり全国5位だということを挙げている。

自転車事故は自動車との事故が84.4%(2014年全国)を占めており、自動車との事故がほとんどを占める自転車事故も多いと考えられるという。また、人口1万人当たりの自転車事故件数が全国4位(2014年は12.94件)であることも理由のひとつに挙げている。
《美坂柚木@CycleStyle》

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 路線バスに乗り込もうとしてた高齢女性に気づかず発進

    路線バスに乗り込もうとしてた高齢女性に気づかず発進

  2. 携帯電話ショップにバイクで突っ込む---解約条件を巡って口論の末

    携帯電話ショップにバイクで突っ込む---解約条件を巡って口論の末

  3. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

    トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  4. 9月1日は防災の日…東京都内100か所で交通規制を実施 警視庁

  5. 歩行者2人をひき逃げして逮捕の男、飲酒運転の発覚を恐れたか

  6. 衝突事故を起こしたタクシーが集団登校中の小学生に突っ込む

  7. 軽トラックと出会い頭に衝突、シニアカーの高齢男性が死亡

  8. 未熟運転で死亡事故を起こした少年、家裁が2回目となる逆送決定

  9. 運転中に意識を失う---特発性過眠症での事故、無罪判決を破棄して有罪に

  10. 災害時の通行規制を緩和…長大トンネルなど緊急輸送

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら