国内LCC、年末年始の輸送実績…利用率が8~9割台と好調

航空 企業動向

国内LCC(格安航空会社)各社が発表した年末年始期間中(2015年12月25日~2016年1月3日)の輸送実績によると、各社とも利用率がほぼ8~9割台と好調だった。

ピーチ・アビエーションの国内線の提供座席数は前年同期比13%増の11万5920席、旅客人数が同10%増の10万3471人となった。札幌線、仙台線、東京(成田)線が好調だった。利用率は前年同期より2.0ポイントダウンして89.3%だった。

国際線の提供座席数は同36%増の4万8960席、旅客人数が同33%増の4万4818人だった。ソウル線、釜山線が伸びた。利用率は1.9ポイントダウンの91.5%と下落したものの、高水準だった。

バニラ・エアの国内線の提供座席数は同44.1%増の3万5280席、旅客人数が同47.4%増の3万1971人で、利用率が2.0ポイントアップの90.6%だった。

国際線船の提供座席数が同59.1%増2万5200席、旅客人数が同45.5%増の2万1413人だった。利用率は7.9ポイントダウンして85.0%だった。

ジェットスター・ジャパンの国内線は、提供座席数が同13.0%減の16万9200席と減らしたものの、旅客人数が同3.7%の14万0765人と順調だった。利用率は13.4ポイントアップして83.2%だった。

国際線の提供座席数は1万8000席、旅客人数が1万2919人で、利用率が71.8%だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  2. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  3. 羽田空港の延長C滑走路、12月11日供用開始…地上と上空から見る[写真蔵]

    羽田空港の延長C滑走路、12月11日供用開始…地上と上空から見る[写真蔵]

  4. シンガポール航空の機内販売ポータルサイト、マイルでの支払いが可能に

  5. JAL、夏の観光シーズンに大阪=女満別/旭川/松本線を増便

  6. 大韓航空、増便・機材変更実施の主要路線を発表…夏期スケジュール

  7. 熊本空港発着路線が全便で運航再開へ…6月2日から通常ダイヤに

  8. シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

  9. JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入

  10. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

アクセスランキングをもっと見る