【CES16】VWのマイクロバス、EVで復活…最大600km走れる「BUDD-e」

自動車 ニューモデル モーターショー

フォルクスワーゲン BUDD-e(CES16)
  • フォルクスワーゲン BUDD-e(CES16)
  • フォルクスワーゲン BUDD-e(CES16)
  • フォルクスワーゲン BUDD-e(CES16)
  • フォルクスワーゲン BUDD-e(CES16)
  • フォルクスワーゲン BUDD-e(CES16)
  • フォルクスワーゲン BUDD-e
  • フォルクスワーゲン BUDD-e
  • フォルクスワーゲン BUDD-e
フォルクスワーゲンは1月5日、米国ラスベガスで開幕したCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)16において、コンセプトカーの『BUDD-e』を初公開した。

BUDD-eは、フォルクスワーゲンの名車、『マイクロバス』を21世紀の技術で再現したコンセプトカー。同社はBUDD-eで、2019年のエレクトリックモビリティの姿を提示した。ボディサイズは、全長4597mm、全幅1938mm、全高1834mm、ホイールベース3152mm。フォルクスワーゲンのラインナップでは、『ティグアン』と『マルチバン』の間の大きさ。

BUDD-eのハイライトが、フォルクスワーゲングループが新開発した電動化車両用モジュラー車台、「MEB」の初採用。MEBは、電動パワートレインやバッテリー(二次電池)の搭載に必要なスペースを確保しながら、乗員が快適に過ごせるだけの充分な居住空間を備える。

EVパワートレインのうち、二次電池は、蓄電容量101kWhと大容量。フラットな設計で、床下にスマートに収まる。モーターは前後にひとつずつ搭載し、4輪を駆動。最高速150km/h、1回の充電で最大600kmの走行を可能にした。フォルクスワーゲンは、「ガソリン車と同等の航続距離」と自信を見せる。

バッテリーは、80%の容量ならおよそ15分で充電可能。室内は、新型ディスプレイや、「ジェスチャーコントロール2.0」を採用。次世代のコネクティビティとインフォテインメントの形を示している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品