ルネサス、TTTechと提携、自動運転向けECU開発プラットフォームで協業

自動車 ビジネス 企業動向

ルネサスエレクトロニクスとオーストリアのTTTechコンピューターテクニックは、自動運転向け電子制御ユニット(ECU)開発プラットフォームで協業することで合意した。

両社が今回協業する開発プラットフォームは、ルネサスの車載制御用マイコン「RH850/P1x」と車載情報システム向け高性能SoC「R-Car」に、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォーム「TTIntegration」を統合したもの。

自動運転は今後、普及が期待されているが、技術は発展途上であり、システムには柔軟性、拡張性が求めらる。自動運転には高度な処理性能に加え、高い安全性の両立も求められる。

TTIntegrationは複数のハードウェアで実現されているソフトウェアコンポーネントの統合を可能とするもので、制御用マイコン、高性能SoCが搭載された新プラットフォームにおいて高い性能と安全性を実現しながら、将来の拡張が可能となる自動運転システム開発が可能となる。

ハードウェア単位で開発されたソフトウェアコンポーネントの統合も可能で、複数のベンダーによる並行開発にも対応する。

自動運転の実現には、自車周辺のセンシング技術の高精度化、各種センサーの統合、自動運転のための判断処理、付随する画像センサー高画素化への対応、システム全体の低消費電力対策、機能安全対応など、大規模な開発が必要となる。これらは複数のサプライヤーによる並行開発や、スムーズなシステム統合が求められる。このため、それぞれのソフトウェアがCPU、ハードウェアアクセラレータ、ネットワークといったハードウェアのリソースを競合するなくシステム統合を実現することが必要となる。

ルネサスとTTTechの自動運転向け開発プラットフォームはこれらニーズに対応し、自動運転に求められる柔軟性と拡張性を保ちながら、高い性能と安全性を両立するもの。車載分野で実績のあるルネサスのマイコンとSoC、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォームによって実現する。また、開発プラットフォームは、汎用的な自動車向けオープンシステム「AUTOSAR」上での各種機能安全レベルの実現も可能とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  3. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

    スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  5. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  6. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  9. 出光興産の大株主、昭和シェル石油との経営統合に反対意見

  10. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

アクセスランキングをもっと見る