人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ルネサス、TTTechと提携、自動運転向けECU開発プラットフォームで協業

自動車 ビジネス 企業動向

ルネサスエレクトロニクスとオーストリアのTTTechコンピューターテクニックは、自動運転向け電子制御ユニット(ECU)開発プラットフォームで協業することで合意した。

両社が今回協業する開発プラットフォームは、ルネサスの車載制御用マイコン「RH850/P1x」と車載情報システム向け高性能SoC「R-Car」に、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォーム「TTIntegration」を統合したもの。

自動運転は今後、普及が期待されているが、技術は発展途上であり、システムには柔軟性、拡張性が求めらる。自動運転には高度な処理性能に加え、高い安全性の両立も求められる。

TTIntegrationは複数のハードウェアで実現されているソフトウェアコンポーネントの統合を可能とするもので、制御用マイコン、高性能SoCが搭載された新プラットフォームにおいて高い性能と安全性を実現しながら、将来の拡張が可能となる自動運転システム開発が可能となる。

ハードウェア単位で開発されたソフトウェアコンポーネントの統合も可能で、複数のベンダーによる並行開発にも対応する。

自動運転の実現には、自車周辺のセンシング技術の高精度化、各種センサーの統合、自動運転のための判断処理、付随する画像センサー高画素化への対応、システム全体の低消費電力対策、機能安全対応など、大規模な開発が必要となる。これらは複数のサプライヤーによる並行開発や、スムーズなシステム統合が求められる。このため、それぞれのソフトウェアがCPU、ハードウェアアクセラレータ、ネットワークといったハードウェアのリソースを競合するなくシステム統合を実現することが必要となる。

ルネサスとTTTechの自動運転向け開発プラットフォームはこれらニーズに対応し、自動運転に求められる柔軟性と拡張性を保ちながら、高い性能と安全性を両立するもの。車載分野で実績のあるルネサスのマイコンとSoC、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォームによって実現する。また、開発プラットフォームは、汎用的な自動車向けオープンシステム「AUTOSAR」上での各種機能安全レベルの実現も可能とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

    日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  3. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

    デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  4. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  5. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  6. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  7. ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

  8. VWと米販売店、補償内容で大筋合意…排ガス問題

  9. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  10. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

アクセスランキングをもっと見る