人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ルネサス、TTTechと提携、自動運転向けECU開発プラットフォームで協業

自動車 ビジネス 企業動向

ルネサスエレクトロニクスとオーストリアのTTTechコンピューターテクニックは、自動運転向け電子制御ユニット(ECU)開発プラットフォームで協業することで合意した。

両社が今回協業する開発プラットフォームは、ルネサスの車載制御用マイコン「RH850/P1x」と車載情報システム向け高性能SoC「R-Car」に、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォーム「TTIntegration」を統合したもの。

自動運転は今後、普及が期待されているが、技術は発展途上であり、システムには柔軟性、拡張性が求めらる。自動運転には高度な処理性能に加え、高い安全性の両立も求められる。

TTIntegrationは複数のハードウェアで実現されているソフトウェアコンポーネントの統合を可能とするもので、制御用マイコン、高性能SoCが搭載された新プラットフォームにおいて高い性能と安全性を実現しながら、将来の拡張が可能となる自動運転システム開発が可能となる。

ハードウェア単位で開発されたソフトウェアコンポーネントの統合も可能で、複数のベンダーによる並行開発にも対応する。

自動運転の実現には、自車周辺のセンシング技術の高精度化、各種センサーの統合、自動運転のための判断処理、付随する画像センサー高画素化への対応、システム全体の低消費電力対策、機能安全対応など、大規模な開発が必要となる。これらは複数のサプライヤーによる並行開発や、スムーズなシステム統合が求められる。このため、それぞれのソフトウェアがCPU、ハードウェアアクセラレータ、ネットワークといったハードウェアのリソースを競合するなくシステム統合を実現することが必要となる。

ルネサスとTTTechの自動運転向け開発プラットフォームはこれらニーズに対応し、自動運転に求められる柔軟性と拡張性を保ちながら、高い性能と安全性を両立するもの。車載分野で実績のあるルネサスのマイコンとSoC、TTTechのADAS向けソフトウェアプラットフォームによって実現する。また、開発プラットフォームは、汎用的な自動車向けオープンシステム「AUTOSAR」上での各種機能安全レベルの実現も可能とする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

    タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  3. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  4. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  7. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  8. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  9. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  10. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

アクセスランキングをもっと見る