新車登録台数、好調マツダが6年ぶりの20万台超え…2015年ブランド別 | レスポンス(Response.jp)

新車登録台数、好調マツダが6年ぶりの20万台超え…2015年ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • トヨタ シエンタ
  • ホンダ ステップワゴン
日本自動車販売協会連合会が発表した2015年(1-12月)のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、トップのトヨタは142万2250台(前年比3.6%減)と、3年連続のマイナスとなった。

2位ホンダは38万1278台(14.6%減)、3位日産が37万8268台(11.8%減)と、トップ3はいずれもマイナス。4位マツダは20万0842台(20.0%増)で、6年ぶりの20万台超えを達成した。

1位:トヨタ 142万2250台(3.6%減)
2位:ホンダ 38万1278台(14.6%減)
3位:日産 37万8268台(11.8%減)
4位:マツダ 20万0842台(20.0%増)
5位:スバル 12万3985台(2.0%減)
6位:スズキ 7万6656台(2.1%減)
7位:いすゞ 7万4730台(0.2%増)
8位:日野  6万1173台(6.5%増)
9位:レクサス 4万8231台(9.0%増)
10位:三菱自動車 4万0546台(9.3%減)
11位:三菱ふそう 4万4230台(4.0%増)
12位:UDトラックス 1万1001台(0.6%減)
13位:ダイハツ 1624台(14.1%減)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品