【サウンドチューニング・マニュアル】タイムアライメント編パート1…その「目的」を解説する

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

「タイムアライメント」の設定画面(ダイヤトーンサウンドナビ・NR-MZ100PREMI)
  • 「タイムアライメント」の設定画面(ダイヤトーンサウンドナビ・NR-MZ100PREMI)
カーオーディオの醍醐味の1つである、“サウンドチューニング”についてのあれこれを解説している当連載。今月のテーマは「タイムアライメント」。今週はまず、この機能の「目的」から解説していく。

結論から入ろう。「タイムアライメント」とは、「理想的なリスニングポジションにいるかのような状況を、擬似的に作り出す」ための機能だ。

なぜこのような機能が必要なのかを解説していこう。そのためにまずは、“ステレオ”の原理についてご説明しておきたい。

“ステレオ”とは、音楽信号を左右のchにわけて録音し、それを左右2本のスピーカーで再生するシステムである。そうすることでリスナーは、音楽をリアルに、立体的に感じ取ることができる。

ただ、“ステレオ”の効果を最大限感じ取るためには、もう1つ重要な決まりごとがある。それは、「左右のスピーカーから等距離の場所にリスニングポジションを取る」というもの。これもまた、ステレオの原則の1つなのである。

しかし、クルマの中ではそうはいかない。右ハンドルのクルマなら、右のスピーカーが近くにあり、左のスピーカーが遠くにある。センターハンドルのクルマでない限り、左右のスピーカーから等距離の場所にリスニングポジションを取ることは不可能だ。

この状況に対処するためには、左右の音量バランスを整えることも1つの解決策として有効だ。しかし、そこには限界がある。なぜかというと、音が到達するタイミングのズレを修正できないからだ。左右のスピーカーの距離差が到達タイミングのズレを生む。そのズレが、ステレオイメージを崩してしまうのだ。

それに対処することを目指して開発されたのが、「タイムアライメント」という機能だ。近くのスピーカーが発する音に“遅延(ディレイ)”をかけて、リスナーがあたかも左右のスピーカーから等距離の場所にいるかのような状況を作り出す、という次第なのだ。

機能の目的と仕組みは以上だ。次週はもう1歩踏み込んで、ハイエンド・カーオーディオにおける「タイムアライメント」について解説していく。次週もお読みいただけたら幸いだ。

【サウンドチューニング・マニュアル】「タイムアライメント」編 Part.1 その「目的」を解説する

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

    テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

  2. 【官能カーオーディオ!】「トーンコントロール」で“音”を変える…“予算0円”のチューニング術

    【官能カーオーディオ!】「トーンコントロール」で“音”を変える…“予算0円”のチューニング術

  3. 万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

    万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. GROUND ZERO、高品位スピーカー3種を発売

  6. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  7. スバルはなぜ BRZ でソニックデザインのスピーカーを純正オプションに採用したのか

  8. 【カーエレ最前線】ドラレコを取り付け方で選んでみる

  9. 「ロボネコヤマト」プロジェクト始動…自動運転を活用した物流サービス

  10. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら