【CES16】米国から新EVスポーツ「FF ZERO1」…4モーターで1000馬力

自動車 ニューモデル モーターショー

ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
米国のファラデー・フューチャー(Faraday Future)社は1月4日、米国ラスベガスで1月6日に開幕するCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)16のプレビューイベントにおいて、『FF ZERO1コンセプト』を初公開した。

ファラデー・フューチャー社は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く新興企業。オリジナルEVの市販を目指して、活動を続けてきた。

CES16のプレビューイベントで初公開されたのが、FF ZERO1コンセプト。EVスポーツカーの未来形を提示した1台となる。車名の「FF」とは、ファラデー・フューチャーの略。

FF ZERO1コンセプトは、エアロダイナミクス性能を追求したフォルムを採用。透明のキャノピーで覆われたキャビンの中央に、ドライバー1名が着座するレイアウトは斬新。ステアリングホイールの真ん中に、スマートフォンが収まる設計となっており、ナビゲーションなどの情報を表示する。

EVパワートレインは、4個のモーターで構成。そのトータルパワーは、1000hp以上と驚異的。軽量なカーボンファイバー複合素材製ボディの効果もあり、0‐96km/h加速3秒以下、最高速320km/h以上のパフォーマンスを実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

    生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  2. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

  3. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

    スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

  4. 【グッドウッド16】BMW「2002 オマージュ」、ヒルクライムを駆ける

  5. VW、ゴルフ など4モデル共通の特別限定車 オールスターシリーズを発売

  6. BMW 4シリーズグランクーペ に改良新型、最新の“ビーエム顔”に

  7. 【グッドウッド16】メルセデスAMG GT に最強「R」…585馬力ツインターボ

  8. 【ボルボ XC90 T8】シフトバイワイヤでスウェーデンの工芸品を採用

  9. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  10. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

アクセスランキングをもっと見る