【CES16】米国から新EVスポーツ「FF ZERO1」…4モーターで1000馬力

自動車 ニューモデル モーターショー

ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
米国のファラデー・フューチャー(Faraday Future)社は1月4日、米国ラスベガスで1月6日に開幕するCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)16のプレビューイベントにおいて、『FF ZERO1コンセプト』を初公開した。

ファラデー・フューチャー社は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く新興企業。オリジナルEVの市販を目指して、活動を続けてきた。

CES16のプレビューイベントで初公開されたのが、FF ZERO1コンセプト。EVスポーツカーの未来形を提示した1台となる。車名の「FF」とは、ファラデー・フューチャーの略。

FF ZERO1コンセプトは、エアロダイナミクス性能を追求したフォルムを採用。透明のキャノピーで覆われたキャビンの中央に、ドライバー1名が着座するレイアウトは斬新。ステアリングホイールの真ん中に、スマートフォンが収まる設計となっており、ナビゲーションなどの情報を表示する。

EVパワートレインは、4個のモーターで構成。そのトータルパワーは、1000hp以上と驚異的。軽量なカーボンファイバー複合素材製ボディの効果もあり、0‐96km/h加速3秒以下、最高速320km/h以上のパフォーマンスを実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  5. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  8. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  9. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら