JAXA、「種子島スペーススクール2016」を開催…参加者を募集

宇宙 エンタメ・イベント

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、高校生を対象とした「種子島スペーススクール2016」を開催すると発表した。

「種子島スペーススクール」は、チームで協力してミッションに取り組む体験型の教育プログラムとなる。

プログラムは、宇宙や地球環境に対する青少年の意識を高め、命の大切さに気づかせるとともに、「好奇心・冒険心・匠の心」を礎に、よりよい未来を築く人材育成を目的に実施する。

今回は「2040年に打ち上げるロケットとその発射場」をテーマに、高校生ならではの発想力で将来の宇宙開発を考えてもらう。種子島宇宙センター(鹿児島県熊毛郡南種子町)で、3月27日から3月31日まで4泊5日間。

JAXAでは「種子島スペーススクール2016」の参加者を広く募集する。対象は高校1~3年生・中等教育学校後期課程・高等専門学校1~3年生。定員は24人。参加費は3万5000円程度。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

    大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  2. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  3. 火星の北極を包み込むドライアイスと砂丘

    火星の北極を包み込むドライアイスと砂丘

  4. マーズ・エクスプレスによる火星表面のマッピング・イメージ

  5. 小惑星探査機「はやぶさ2」、3回目の軌道修正マヌーバ実施せず…12月3日に地球スイングバイ

  6. プログレス補給船、ソユーズロケットで打ち上げ成功…ISSドッキングは23日

  7. JAXA、陸域観測技術衛星「だいち2号」による観測データの定常配布を開始

  8. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  9. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  10. NASA、米国初の宇宙ステーション打ち上げ40周年記念の討論会を開催…13日

アクセスランキングをもっと見る