ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

航空 企業動向

ANA(参考画像)
  • ANA(参考画像)
全日本空輸(ANA)は、年末年始の輸送実績を発表した。

国内線の提供座席数は前年同期と横ばいの194万2187席に対して、旅客数が前年同期比0.8%減の140万7393人と微減だった。利用率は0.5ポイントダウンして72.5%だった。方面別には北海道・関西方面の利用率が高かった。

国際線は提供座席数が同13.4%増の31万7540席だったのに対して旅客数が同10.2%増の25万2214人と好調。日本発は人気のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

    JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

  2. ライアンエアー、欧州委員会にスト対策を求める…仏ストは13週で12度

    ライアンエアー、欧州委員会にスト対策を求める…仏ストは13週で12度

  3. ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

    ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

  4. ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

  5. スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

  6. 中東欧LCCウィズエアー、ロンドン=オルシュティン線を開設へ…6月18日から

  7. シンガポール航空、アムステルダム線にA350-900投入へ…5月9日

  8. シンガポール航空、トラベルアプリに新機能を追加…搭乗前のコンテンツ確認などが可能に

  9. 中東欧LCCウィズエアー、ニシュ=ドルトムント線を開設へ…8月20日から

  10. エア・カナダ、国際線ワイドボディ機にWi-Fiサービスを導入へ…今秋から

アクセスランキングをもっと見る