人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ANA年末年始の輸送実績、国際線の利用率2.3ポイントダウン

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、年末年始の輸送実績を発表した。

国内線の提供座席数は前年同期と横ばいの194万2187席に対して、旅客数が前年同期比0.8%減の140万7393人と微減だった。利用率は0.5ポイントダウンして72.5%だった。方面別には北海道・関西方面の利用率が高かった。

国際線は提供座席数が同13.4%増の31万7540席だったのに対して旅客数が同10.2%増の25万2214人と好調。日本発は人気のリゾート方面に加え、アジア・オセアニア・北米方面が好調だった。海外発の訪日需要も、アジア・中国方面を中心に引き続き好調。新規就航した羽田=シドニー路線は好調で、期間中ほぼ満席。利用率は2.3ポイントダウンして79.4%と80%を割り込んだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月

    JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月

  2. ジェットスター・ジャパンが初の単年度黒字化を達成 2016年6月期決算

    ジェットスター・ジャパンが初の単年度黒字化を達成 2016年6月期決算

  3. MRJの北米へのフェリーフライトを再び中止…空調システムに不具合

    MRJの北米へのフェリーフライトを再び中止…空調システムに不具合

  4. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  5. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  6. 新ドーハ国際空港の免税店エリア、「コーチ」など4店舗が新たにオープン

  7. ホンダ ジェット、欧州第1号機を引き渡し

  8. U-125墜落、標高の誤認識が原因…航空自衛隊

  9. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  10. 空席と運賃をリアルタイムで表示…ジェットスター・ジャパンの予約サイト

アクセスランキングをもっと見る