JAL年末年始の輸送実績、国内線の搭乗率が3.4ポイントアップ | レスポンス(Response.jp)

JAL年末年始の輸送実績、国内線の搭乗率が3.4ポイントアップ

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、年末年始繁忙期(2015年12月25日~2016年1月3日)の利用実績を発表した。

国内線は提供座席数が前年同期比3.1%減の130万9721席に対して、旅客人数が同1.4%増の99万9413人と前年を上回った。特に中国・四国・九州方面は旅客数が前年を上回り、好調だった。搭乗率は3.4ポイントアップして76.3%だった。

国際線の提供座席数は同2.5%増の31万3524席に対して旅客人数が同4.3%増の26万9366人だった。搭乗率は1.4ポイントアップして85.9%だった。全般に好調だったが、特に東南アジア・オセアニア、ハワイ・グアム線、韓国線が好調。円安基調で海外発が増加し、全体の搭乗率を押し上げた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品