人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAL年末年始の輸送実績、国内線の搭乗率が3.4ポイントアップ

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、年末年始繁忙期(2015年12月25日~2016年1月3日)の利用実績を発表した。

国内線は提供座席数が前年同期比3.1%減の130万9721席に対して、旅客人数が同1.4%増の99万9413人と前年を上回った。特に中国・四国・九州方面は旅客数が前年を上回り、好調だった。搭乗率は3.4ポイントアップして76.3%だった。

国際線の提供座席数は同2.5%増の31万3524席に対して旅客人数が同4.3%増の26万9366人だった。搭乗率は1.4ポイントアップして85.9%だった。全般に好調だったが、特に東南アジア・オセアニア、ハワイ・グアム線、韓国線が好調。円安基調で海外発が増加し、全体の搭乗率を押し上げた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  2. ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、1~6月利用客数は95%増

    ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、1~6月利用客数は95%増

  3. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  4. 航空自衛隊向け F-35A の試験飛行を8月中に実施

  5. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  6. 【レッドブル・エアレース 第5戦】室屋義秀、パイロンヒットでファイナル4進出ならず

  7. 職業体験施設キッザニアの飛行機パビリオンをリニューアル…ANA

  8. ホンダ ジェット、欧州第1号機を引き渡し

  9. ボーイング、エルアル航空から最大9機の787ドリームライナーを受注

  10. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

アクセスランキングをもっと見る