JAL年末年始の輸送実績、国内線の搭乗率が3.4ポイントアップ

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、年末年始繁忙期(2015年12月25日~2016年1月3日)の利用実績を発表した。

国内線は提供座席数が前年同期比3.1%減の130万9721席に対して、旅客人数が同1.4%増の99万9413人と前年を上回った。特に中国・四国・九州方面は旅客数が前年を上回り、好調だった。搭乗率は3.4ポイントアップして76.3%だった。

国際線の提供座席数は同2.5%増の31万3524席に対して旅客人数が同4.3%増の26万9366人だった。搭乗率は1.4ポイントアップして85.9%だった。全般に好調だったが、特に東南アジア・オセアニア、ハワイ・グアム線、韓国線が好調。円安基調で海外発が増加し、全体の搭乗率を押し上げた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

    【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

  2. 成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

    成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

  3. 香港航空、大阪線を開設へ…7月15日から

    香港航空、大阪線を開設へ…7月15日から

  4. JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月

  5. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  6. ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

  7. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  8. JAL、熊本地震でボランティアの無償搭乗や救援物資の無償輸送に協力

  9. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  10. ANA、羽田=NY/シカゴ線や成田=メキシコ直行便を就航…北米・中南米ネットワークを拡充

アクセスランキングをもっと見る