AIRDO、規定の高度を逸脱…合計4便が欠航

航空 企業動向

AIRDOは、1月2日に運航した羽田発・新千歳空港行きのAIRDO19便が羽田空港を離陸後、高度を逸脱した可能性があったと運航乗務員から報告を受けたことを発表した。

同社では、安全最優先の観点から、019便の運航乗務員の後続便乗務を中断した。この結果、1月3日を含め合計4便が欠航した。

同社では、「合計4便の欠航が発生し、利用予定だった顧客をはじめ、関係者に多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことについて、深くお詫び申し上げます」としている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品