居眠り運転で中央分離帯に単独衝突、乗用車の3人が死傷 | レスポンス(Response.jp)

居眠り運転で中央分離帯に単独衝突、乗用車の3人が死傷

自動車 社会 社会

1日午後2時30分ごろ、神奈川県山北町内の国道246号を走行していた乗用車が路外に逸脱。中央分離帯へ単独衝突する事故が起きた。この事故で同乗していた2人が死亡。警察はクルマを運転していた85歳の男性から事情を聞いている。

神奈川県警・松田署によると、現場は山北町川西付近で片側1車線の直線区間。乗用車は走行中に路外へ逸脱。中央分離帯へ単独衝突した。

衝突によってクルマは中破。後部座席に同乗していた74歳と52歳の女性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打などが原因でまもなく死亡。クルマを運転していた横浜市港南区内に在住する85歳の男性も打撲などの軽傷を負ったが、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

聴取に対して運転者の男性は「居眠りをしていたかもしれない」などと供述しており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品