フェラーリ、FCAからの分離・独立が完了

自動車 ビジネス 企業動向

フェラーリ F12 tdf
  • フェラーリ F12 tdf
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ カリフォルニア T
イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリ。同社が、親会社からの分離・独立の手続きを完了した。

これは1月3日、フェラーリを傘下に持つ欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)が明らかにしたもの。「フェラーリ事業のFCAグループからの分離・独立の手続きが、1月3日付けで完了した」と発表している。

FCAは2014年10月、フェラーリをグループから分離・独立させ、フェラーリの株式の一部を上場する計画を公表。この計画に沿って、FCAは10月21日、フェラーリのIPO(新規株式公開)を行い、フェラーリ株を米国ニューヨーク証券取引所に上場した。

12月14日には、地元イタリアの証券取引所に対する株式上場申請も認められた。これに先立ち12月3日、FCAは臨時株主総会をオランダで開催。株主からフェラーリの分離・独立計画の承認を取り付けていた。

今回、フェラーリのFCAからの分離・独立の手続きが完了。これにより、フェラーリは名実ともに、FCAと別会社になった。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品