【タイ料理】トムヤムクンよりバンコク着いたらまずはタイスキ!

エンターテインメント 話題

タイ料理はたくさんあるが、なかでもタイ人が家族や友達、恋人とよく行く王道のレストランはタイスキである。

「ええッ! 暑いのに鍋?」と不思議に思うかもしれないが、タイの室内は冷房が効いているためやや寒い。そのため、レストランによってはむしろ「あったかい鍋が食べたい!」という気持ちになることも珍しくはない。

タイスキは、ダシの効いたスープに野菜や肉、魚介類、つみれや麺など入れて食べる料理。様々な具材を入れて食べるあたりは日本の鍋と同じようだが、具材につけて食べるナムチムと呼ばれる付けダレが、ピリッと辛く、日本の鍋とは少し異なっている。

ナムチムは店ごとに違うものが用意されており、ナムチムにニンニクをたっぷり入れ、マナオを絞っていただくのがタイ風だ。

タイスキ店で有名なのはMKレストランや、COCAレストラン。週末になるとタイ人の家族連れで店内は満席になる。今回は人気の2店舗ではなく、さらに古くから営業をしている創業48年のタイスキ店を訪ねてみた。

場所はペッブリー通りにある、ホテル「AVANI ATRIUM BANGKOK(アバニ アトリウム バンコク)」の通りを挟んで真向かいにある「ルアンペット」というお店。

広い店内は平日の夜にも関わらず、ほぼ満席。ピンクのシャツにフリルの付いた前掛け姿の店員はどこか昭和を感じさせ、いかにも老舗店といった雰囲気。客層は高めで家族連れや30代、40代のグループが主となっている。

タイスキのスープは透明でダシの効いたナムサイのみ。そこに自分達でお好みの具材をどんどん入れていく。たくさんある具材の中でもオススメはギョウプラー。魚の身が詰まったワンタンのようなもので、味のしみた皮は美味しく、魚の身も弾力があり、いくつでも食べらる。さらに酸味が効いたナムチムがほどよくピリ辛で、食欲をそそる。食後にはココナッツアイスクリームを注文、これもまた自家製で、甘さがほどよく、口直しにはぴったりだ。

タイで何を食べようか、迷ったらまずはタイスキがオススメ。味はもちろん辛いタイ料理を食べる前に、程よく胃を慣らすにも最適だ。タイスキの〆には麺やご飯を鍋に入れ、たっぷりと具材のダシが効いたスープを楽しむのもお忘れなく。
《タビル編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品