【CES16】ボッシュの新コンセプトカー、ダッシュボード全体がディスプレイに

自動車 ニューモデル モーターショー

ボッシュの新コンセプトカー
  • ボッシュの新コンセプトカー
  • ボッシュの新コンセプトカー
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは1月6日、米国ラスベガスで開幕するCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)16において、新たなコンセプトカーを初公開する。

このコンセプトカーは、ボッシュが考える次世代のインテリアを提示した1台。ダッシュボード全体をディスプレイとして使用しているのが特徴となる。

ダッシュボードとセンターコンソールを、1つのデジタルディスプレイ化。この巨大ディスプレイには、車両の周囲の状況に応じた情報を表示できる。

歩行者が右から接近してきた場合、照明の効果によってドライバーに警告を発する。また、ドライバーの好みやスケジュールに配慮することも可能。例えば、ある予定をキャンセルした場合、この未来の車はスケジュール帳の次の予定の場所までのルートを、自動的に示してくれる。

さらに、自動運転機能を作動すれば、ドライバーはより多くの時間を自分のために使える。ボッシュのフォルクマル・デナー会長は、「ドライバーが注意散漫になるのを最小限に抑えるためには、ドライバーが必要とする情報を正しいタイミングで提供する必要がある」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  7. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  8. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  9. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  10. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら