バイクの転倒事故を誘発、自転車の少年をひき逃げ容疑で逮捕 | レスポンス(Response.jp)

バイクの転倒事故を誘発、自転車の少年をひき逃げ容疑で逮捕

自動車 社会 社会

12月29日午後8時15分ごろ、大阪府大阪市中央区内の市道を走行していた原付バイクと自転車が接触する事故が起きた。バイクの運転者が死亡したが、自転車は逃走。警察は後に自転車に乗っていた17歳の少年を逮捕している。

大阪府警・東署によると、現場は大阪市中央区森ノ宮中央2丁目付近で片側2車線の直線区間。交差点には横断歩道と信号機が設置されている。原付バイクが交差点に差し掛かったところ、右方向から飛び出してきた自転車と接触したものとみられる。

この事故でバイクは転倒。運転していた東成区内に在住する55歳の男性は路上へ投げ出された際に頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。バイクの転倒を誘発した自転車はそのまま逃走したことから、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始し、現場の遺留物から同市内に在住する17歳の少年が関与したと判断。31日に道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

バイクは飛び出してきた自転車との衝突を避けようと、左に急ハンドルを切り、これが原因でバランスを崩して転倒したものとみられる。聴取に対して少年は「怖くなって逃げた」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品