路上駐車していた大型観光バスが全焼、車内の蛍光灯器具から出火か | レスポンス(Response.jp)

路上駐車していた大型観光バスが全焼、車内の蛍光灯器具から出火か

自動車 社会 社会

12月28日午前8時45分ごろ、東京都豊島区内の区道で、路上に駐車していた大型観光バスから出火。約30分で全焼する車両火災事故が起きた。乗客はおらず、運転手も無事だった。車内の蛍光灯器具から出火したとみられている。

警視庁・池袋署によると、現場は豊島区池袋2丁目付近で片側2車線の直線区間。大型観光バスはJR池袋駅近くで路肩に駐車していたところ、車内から出火。カーテンなどに燃え移り、激しく炎上した。

地元消防が消火を行ったが、バスは約30分で全焼。乗客は乗っておらず、運転手も延焼前に車外へ脱出していたため、ケガはなかった。

バスは路上駐車した直後に出火しており、運転手は「客を乗せる準備を進めていて、車内灯のスイッチを入れたら後部座席付近の器具から火花が出た」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品