【サウンドチューニング・マニュアル】イコライザー編パート5…多バンドタイプの操作のコツ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

スマホアプリで周波数特性を測定しているところ。
  • スマホアプリで周波数特性を測定しているところ。
カーオーディオにおける楽しむべきポイントの1つ、“サウンドチューニング”についてのノウハウを解説している。今月のテーマは「イコライザー」だ。その最終回となる今回は、バンド数が多いタイプでの操作のコツをレクチャーする。

今回は、7バンドから13バンドあたりまでの、比較的に高機能な「イコライザー」の操作方法について解説していく。

まずは、“味付け”として「イコライザー」を活用しようとするときのコツからご紹介していこう。それは、「プリセットデータから発展させる」というものだ。

ソースユニットには、あらかじめサウンドエフェクト的な「イコライザー・カーブ」が設定されていることが多い。それをベースにして、そこからさらに手を加えてみよう。そうすることが、「イコライザー」操作の練習にもなる。

プリセットデータを変更することができなければ、その値をメモして「カスタム」のモードで再現し、そこから発展させていけばOKだ。まずは、大きく手が加えられているバンドを、プラスマイナス0のところまで戻してみよう。そこを大きく調節したことで、どのような効果が得られていたのかを確認してほしい。

そしてもう1度プリセットの状態に戻し、今度はそこから微調整を加えてみる。これは言ってしまえば“遊び”であるので、どのように調整してもOKだ。ただし、すべてのバンドをフルブーストさせるような操作はNGだ。出し入れ(上げ下げ)を上品に行って、自分として心地よく感じられる「イコライザーカーブ」を作ってみよう。さらに、他のプリセットデータでも同じことをやってみると、より参考になるはずだ。

さて次は、“周波数特性の乱れを正す”という観点での操作方法をお教えしたい。これをしようとするとき、スマホアプリを活用しても面白いと思う。「RTA」で検索すると、タイトル写真のような測定アプリが見つかるはずだ。

そして調整用CDなどに収録されている“ピンクノイズ”と呼ばれる信号をソースユニットから再生し、測定してみよう。測定する場所は、リスニングポイント(頭の位置)で行うといいだろう。簡易的なものなので、必ずしも厳密な測定が行えるわけではないのだが、参考にはなる。測定結果を見て、大きく出っ張っている周波数帯があれば、そのあたりを「イコライザー」で下げてみよう。そうすることで、測定結果がよりフラット(平ら)な状態に近づいていけば正解だ。

ちなみに、大きく下がっているところは、「イコライザー」で持ち上げても結果に変化が現れないこともある。そのような場合はフラットのままにしておこう。何らかの原因でキャンセリングが起きている可能性が高く、そうであるならば「イコライザー」では調整不可能なので、触るべきではないのだ。覚えておいてほしい。

コツは、「出過ぎているところを下げる」である。上がりすぎているところを整える、というイメージで行うと上手くいく場合が多い。

そして最後は、自分の耳で聴いて判断することが大切だ。そのためには、“基準”を持つことが必要となる。家のオーディオシステムでもいいし、信頼できるプロショップのデモカーでもいい。自分の好きなCDが、良いシステムではどのように聴こえるのか、そのイメージを頭に叩きこんでおきたい。調整しながら、それとどう違うのかを考える。そして頭で聴こえている音に近づくように「イコライザー」を操作してみよう。

測定機を使わずに、1バンドずつ上げてみて、乱れているところを探すという方法もある。上げていって嫌な感じ(うるさい感じ)が強まるバンドがあったらそこは怪しい。そこが“ピーク”となっている可能性があるのだ。そんなバンドが見つかったらそこを下げてみる。そうすることでスッキリしたと感じられたらOKだ。

最後にもう1つ、注意事項を。「イコライザー」調整は、“小幅”に留めたほうが上手くいくことが多い。上げすぎ下げすぎに注意しながら、“基準”となるサウンドに近づくように調整していこう。

さて、計5回にわたって「イコライザー」について解説してきたが、いかがだったろうか。とにもかくにも、いろいろと触ってみて、経験則を積み上げることが「イコライザー」調整の上達の早道だ。操作することで音が変化していくことを楽しみながら、気持ち良いサウンドを作り上げていってほしい。実践あるのみだ。ぜひぜひトライを。

【サウンドチューニング・マニュアル】「イコライザー」編 Part.5 「多バンドタイプの操作のコツ」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

    ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

  2. マツダ、G-ベクタリングコントロールと自動ブレーキ技術でキッズデザイン賞を受賞

    マツダ、G-ベクタリングコントロールと自動ブレーキ技術でキッズデザイン賞を受賞

  3. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  4. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

  5. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  6. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  7. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  8. 自動運転にベストなコンポーネントの組み合わせは?…デンソー技術開発説明会

  9. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  10. レスポンス チャットボット、開発開始…ニュース配信にAI技術を活用

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら