【VW ゴルフ GTE 試乗】EV、時々ゴルフ、時々「GTI」…中村孝仁

試乗記 輸入車

VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
  • VW ゴルフ GTE
もう1年以上前だったか、『ゴルフ』に『eゴルフ』というEV車が追加されるというので話題になった。 実際日本でも試乗したから発売するかと思ったら、その後うやむやに。『e-up!』の方は発売されたのだが…。そんなわけで、電動ゴルフの話は立ち消えかと思いきや、出てきました。装いをプラグインハイブリッドに変えて。

専用サイトを見ると、”ドライバーとクルマの関係性に大きな変化をもたらす”とか、”退屈なハイブリッドに終わりを告げる”とか、かなり刺激的なコピーが並んでいる。しかしまあ、見た目はゴルフそのもので、「GTE」のエンブレムとかヘッドライトからグリルに通るブルーのラインを見ない限り、GTEだとは気づかない。

敢えて言いづらい話をすると、ご存知の通りVWのディーゼル問題は、はっきり言って会社の信用を大きく落としてしまった。ただ、かといってVWがディーゼルをあきらめるつもりは毛頭ないだろう。とはいえ、傷ついた信用を取り戻すまで日本でのディーゼル販売は当面控えると思われる。東京モーターショーでも今後は電気に力を入れていくと宣言した通り、GTEと名の付くプラグインハイブリッドを積極的に導入して行くことになりそうである。

では何故、GTの名を冠するのか? これこそ、VWが目指したプラグインハイブリッドの新たな方向性であり、前述した刺激的なコピーを裏付ける証でもある。つまり、プラグインハイブリッドは通常、EV走行とハイブリッド走行の二つが楽しめる。しかし、VWはこれに加えて、「GTEモード」を追加した。これは何かというと、これを選択することで、エンジンおよびモーターが最大の働きをすると同時に、エンジン、ステアリング、トランスミッションのレスポンスを鋭敏にし、はてはエクゾーストのサウンドチューンまでするというもの。その音質、まるで『ゴルフR』のようであった。いわばハイブリッド車におけるスポーツモードのようなものと理解すれば正しい。

というわけでゴルフGTEはEVモード、GTEモード、それにHVモードの3つを楽しめるというわけである。また、HVモード内には、バッテリーチャージモードというのがあって、これを選ぶとモーターがオルタネーターとして機能し、充電を促す仕組みになっている。だから、極端な話、家庭で充電できなくてもこいつを使えばいい。因みに充電は家庭の200V電源があればフル充電が3時間で可能。しかし、急速充電のチャデモ方式には対応していないから、街中の急速充電施設は使えない。

さて、走りである。EV走行は条件にもよるが、航続距離50km、最高速度130km/hが可能だという。実際その加速感などはかなりのスピードだ。さすがに一般道なので最高速は試せなかった。あっ、高速でも無理か…。(合法的には)

HV走行は、充電さえ潤沢ならかなりの部分EVで走る。まあ一般的にはこのモードを使うケースが最も多いはず。実際の走りとしては他のゴルフと比べて重厚感のある乗り心地が楽しめる。これはリアにバッテリーを搭載している影響で、車重が190kgほど重く(GTI 比)、それが重厚感を生み出しているものと思われた。それでも運動性能が落ちているという印象はほとんどない。

システム総出力は、204psだそうである。これ自体ほぼGTI並(GTIは220ps)。システム最大トルクは350Nm。こちらはGTIとピッタリ一致である。というわけで、GTEモードにして全開で走るとGTI並とはいかなのだろうが、ほぼそれ並に走る。しかも前述したようにゴルフRのサウンドで。というわけで、スポーツ性をほぼ損ねることなく、EVを楽しめたりハイブリッドを楽しめたりする。

ただ、そのお値段、499万円はDSGのGTIより100万円高く、ゴルフRに50万円差と迫る。GTIもRも一粒で一つの味しか楽しめないが、こちらは3つの味。まあVW的にはそこを訴求したいのだと思うが、せめてGTI+50万円が良いところではないかと思った。

■5つ星評価
パッケージング ★★★★
インテリア居住性 ★★★★
パワーソース ★★★★★
フットワーク ★★★★
おすすめ度 ★★★★

中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来37年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。
《中村 孝仁》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品