『マクロス』新作、大晦日特番で“ほぼ第1話”放送へ

航空 エンタメ・イベント

(c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
  • (c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
マクロスシリーズの最新作として注目を浴びてきた『マクロスΔ(デルタ)』がいよいよ明らかになりそうだ。2015年12月31日18時よりTOKYO MXとBS11にて、特別番組「マクロスΔ(デルタ)』先取りスペシャル」が放送される。1時間に及ぶ番組では、制作現場への取材やなど番組の魅力がいち早く紹介される。
目玉となるのが、番組中に放送される『マクロスΔ』“先取りエディション”だろう。25分にも及ぶ本作は『マクロスΔ』のほぼ1話になる。テレビ放送の詳細なスケジュールが未発表なだけに、本放送に先駆けての番組はファンの期待に応えるものとなる。
特番はテレビ放送のほか、マクロスポータルサイトとバンダイチャンネルにて同時配信も実施する。多くのファンが楽しめるようになった。

『マクロスΔ(デルタ)』は、1982年のテレビシリーズ『超時空要塞マクロス』から続く人気のマクロスシリーズの最新作になる。河森正治を総監督にサテライトがアニメーション制作をする。監督には安田賢司、シリーズ構成には根元歳三が参加する。キャラクター原案をカプコンの実田千聖が担当するのも話題を呼びそうだ。キャラクターデザインにまじろと進藤優、世界観デザインをロマン・トマが手がける。
キャストは今回ヒロインとしてデビューするフレイア・ヴィオン役の鈴木みのりだけが発表されている。その他のキャストは、放送時まで待つことになりそうだ。

作品の舞台となるのは、西暦2067年。銀河辺境では人間が我を失い凶暴化する奇病ヴァールシンドロームが猛威を振るっていた。これに対抗するべく結成されたのが戦術音楽ユニット・ワルキューレである。ワルキューレは歌によりヴァールシンドロームの症状を鎮めるべく、ライブ活動を展開する。その頃、風の王国では空中騎士団と呼ばれるバルキリー部隊が動き始めていた。これにプロトカルチャーの遺産の謎が絡み合い、熱きチームワークと恋の物語が幕をあげる。
本格SF、歌姫ユニットによる華麗なライブ、青春群像を融合させた作品とする。メカニックにも力をいれており、可変戦闘機バルキリーのVF-31ジークフリード、謎につつまれたSv-262 ドラケンIIIが人気を集めそうだ。最新CGによるドッグファイトは『マクロスF』以上のクオリティとしている。

12月31日の特番では、アニメーションパートのほか実写パートが設けられる。河森正治、安田賢司、根元歳三らへのインタビューを紹介する。さらにドバイや、自衛隊基地にも及んだロケハンの記録映像、鈴木みのりのオーディション時の映像も披露する。

『マクロスΔ』
(c)2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会

[スタッフ]
原作: 河森正治・スタジオぬえ
総監督: 河森正治
監督: 安田賢司
シリーズ構成: 根元歳三
キャラクター原案: 実田千聖[CAPCOM]
キャラクターデザイン: まじろ/進藤優
世界観デザイン: ロマン・トマ
音楽制作: フライングドッグ
アニメーション制作: サテライト

「マクロスΔ」ほぼ第1話が2015年12月31日に放送・配信 一時間特番でたっぷり紹介

《animeanime》

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  2. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  3. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

    アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  4. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  5. ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

  6. JAL、機内インターネット無料を延長 2017年3月末まで

  7. 職業体験施設キッザニアの飛行機パビリオンをリニューアル…ANA

  8. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  9. ボーイング、営業赤字に転落…787型機開発費など 4-6月期決算

  10. ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、1~6月利用客数は95%増

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら