JAXA、「1日宇宙記者」を募集…X線天文衛星「ASTRO-H」打ち上げを現地取材

宇宙 エンタメ・イベント

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターで「ホンモノ体験プログラム」として、X線天文衛星「ASTRO-H」の打ち上げの様子を取材する「1日宇宙記者」を募集する。

ホンモノ体験プログラムは、子どもたちの地球環境に対する意識を高め、いのちの大切さに気づかせるとともに、「好奇心・冒険心・匠の心」を礎に、よりよい未来を築いてゆく人材育成を目的としている。

「1日宇宙記者」は、JAXA種子島宇宙センター(鹿児島県熊毛郡)で2016年2月12日のASTRO-Hの打ち上げの様子についてグループ取材活動を行い、後日、動画コンテンツに仕上げる。期間は2016年2月11日~14日まで。

対象は高校1~3年生、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校1~3年生。募集人員は8人。参加費用は鹿児島中央駅集合で、3万9000円程度。応募締め切りは2016年1月7日まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

    火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  2. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  3. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  4. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

  5. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  6. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

  7. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  8. すばる望遠鏡で「食べ散らかす赤ちゃん星」を観測…国立天文台など

  9. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  10. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

アクセスランキングをもっと見る