【東京オートサロン16】住友ゴム、ダンロップブースを出展…モータースポーツ活動を紹介 | レスポンス(Response.jp)

【東京オートサロン16】住友ゴム、ダンロップブースを出展…モータースポーツ活動を紹介

自動車 ビジネス 企業動向

ダンロップブースのイメージ
  • ダンロップブースのイメージ
住友ゴム工業は、2016年1月15日から17日まで千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016」にダンロップ・ブースを出展すると発表した。

今回のブースでは「今も、昔もこれからも。クルマを長く楽しむならダンロップ!」をコンセプトに、スポーツタイヤから低燃費タイヤまで幅広いラインアップを展示する。

タイヤでは、 「エナセーブ」や「LE MANS」、「VEURO」、「DIREZZA」シリーズなど、最新ラインアップを紹介する。車両では、1963年ル・マン24時間レース参戦車両「アルピーヌM63」や、オートバックス・スーパーGT 2015シリーズ・GT300クラスチャンピオン車両「GAINER TANAX GT-R」 を展示する。

また、モータースポーツ活動を紹介するとともに、イベントステージでのトークショーやダンスステージなどにより、モータースポーツとともに歩むダンロップの歴史と世界観を表現する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品