【リコール】マツダ アテンザ 2万4000台、タカタ製エアバッグ不具合で

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ アテンザ(2002年)
  • マツダ アテンザ(2002年)
  • 改善箇所
マツダは12月25日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とする『アテンザ』のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、『アテンザ』1車種で、2002年5月15日~2005年5月17日に製造された2万4659台。

特定の助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、エアバッグ展開時にインフレータ内圧で容器が破損して構成部品が飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、当該インフレータを新品に交換する。なお、交換用部品の準備に時間を要することから、部品が供給できるまでの暫定措置として、助手席用エアバッグの機能を停止するとともに、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。

不具合および事故は発生していない。部品メーカーからの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

    マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  2. 「こち亀ラッピングバス」、80分の1スケールで発売…葛飾で運行中

    「こち亀ラッピングバス」、80分の1スケールで発売…葛飾で運行中

  3. マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

    マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

  4. 全国初のフィアット/アバルト店舗オープン 9月3日

  5. アルプス電気、自動車用電装品を製造する栗駒電子を吸収合併

  6. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  7. ヤマハ発の柳社長、アフリカ開発会議でスピーチ…漁船の開発、現地生産について

  8. 名車切手セット スカイラインGT-R BNR32 を発売へ

  9. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 7月

  10. 最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら