ブリッド、ガンバ大阪ホームスタジアムの選手用ベンチを開発

自動車 ビジネス 国内マーケット

吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
  • 吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
  • 吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
  • 吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
  • 吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
  • 吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
  • 吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
  • 吹田サッカースタジアムに採用されたブリッドシート
スポーツシートメーカーのブリッドは、2016年2月より、Jリーグ ガンバ大阪の新ホームスタジアムとなる市立吹田サッカースタジアムにベンチ用シートを提供する。

ブリッドは、肩幅が広く、体も大きなサッカー選手がゆったりと座れるベンチシートを新たに開発。背中をシェル構造にして肩のホールドを少なくし、座面はゆったり座れるよう、ユーロスターIIの座面を使用した。開発品はベンチ用シートだが、リクライニング機構を装備し、背中の角度調整も可能。また、車内で使用する生地ではなく、屋外向けの特別な生地の素材を使用している。

ブリッドでは今後、スポーツ施設や公共施設など、自動車業界以外で使用するシート製造も視野に入れ、事業を展開していく。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品