ナビタイム、対応バス路線に函館バスや日本中央バスなどを追加 | レスポンス(Response.jp)

ナビタイム、対応バス路線に函館バスや日本中央バスなどを追加

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

函館バス
  • 函館バス
  • 日本中央バス
  • 濃飛乗合自動車
  • まやビューラインのロープウェー・ケーブルカー
ナビタイムジャパンは、トータルナビゲーションサービス「NAVITIME」、バス専用ナビゲーションアプリ「バスNAVITIME」などにおいて、12月18日より、「函館バス」「日本中央バス」、「濃飛乗合自動車」の路線バスと、「まやビューライン」のロープウェー・ケーブルカーを対応バス路線に追加した。

函館バスは、北海道函館市を中心に路線バスや貸切バスを運行。五稜郭や大沼国定公園、湯の川温泉へのお出かけなどに活用されている。

日本中央バスは、群馬県前橋市を中心に路線バスや高速バスおよび貸切バスを運行。上野村や、しんとう温泉・よしおか温泉・富士見温泉等、日帰り温泉施設などへのお出かけに活用されている。

濃飛乗合自動車は、岐阜県高山市を中心に路線バス、貸切バスを運行。白川郷や奥飛騨温泉郷、上高地、乗鞍へのお出かけやに活用されている。

まやビューラインは、神戸市灘区の摩耶山にかかる、まやビューライン(摩耶ロープウェー&ケーブルカー)の運行事業を行っている。

今回、「NAVITIME」「バスNAVITIME」のほか、乗換案内アプリ「乗換NAVITIME」、KDDIと協業で提供中の歩行者向けナビゲーションサービス「EZナビウォーク」「auナビウォーク」の対応バス路線に追加。ケータイ、スマートフォン端末、パソコンから、バスルート検索のほか、周辺バス停検索、停留所名からのバス停検索、時刻表の確認などができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品