地震・津波対策にドローン導入、焼津市災害対策本部

航空 企業動向

Phantom3はコンパクトで高い機動性を持つドローンとしてプロユースでも人気の機種。今回の導入は災害対応ツールとしての活用事例としても注目される(画像はプレスリリースより)
  • Phantom3はコンパクトで高い機動性を持つドローンとしてプロユースでも人気の機種。今回の導入は災害対応ツールとしての活用事例としても注目される(画像はプレスリリースより)
  • DJIが提供する「Phantom 3 Professionalの製品サイト。今回の焼津市災害対策本部の導入に際して、その活用事例が分かる動画をYouTube上に公開した(画像は公式Webサイトより)
 DJI JAPANは17日、静岡県焼津市災害対策本部が災害対策用に同社の無人航空機(UAV)「Phantom 3 Professional」を導入したことを発表した。

 同市は、風・水害や地すべり、山崩れ、地震、津波といった自然災害対策用として、Phantom 3 Professionalによる空撮映像を活用していく。車両や人員の到達が困難な現場などで、職員の安全を確保しつつ現場の状況把握を可能とする。

 現在、焼津市災害対策本部は、風速計や電磁波測定器を使用してUAVを安全運用し、飛行できる人員を増やすためのUAV操作や事前準備の講習なども行っている。

 導入に伴い、同社は焼津市災害対策本部職員の声を収録した活用事例動画「空から挑む災害対策」をYouTube上で公開している。

焼津市災害対策本部、地震・津波対策にDJIのドローンを導入

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品