アウディ・ドライビング・エクスペリエンス…2016年はレーサー育成、海外プログラムも充実

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
  • アウディドライビングエクスペリエンス
アウディジャパンは “アウディドライビングエクスペリエンス”の2016年の開催概要を発表。レースデビューを最終目標とするアウディレースエクスペリエンスや、海外プログラムなどを充実させての開催となる。

このプログラムは、1983年にドイツでスタートしたもので、本国ではフィンランドの氷上でクワトロ性能を限界まで体験する“アイスエクスペリエンス”や、ドイツのアウトバーンからアルプスのワインディングロードを1日300から400kmほど走る“アルペンツアー”など、アウディの性能をじかに感じてもらうことを趣旨としている。

日本でも2001年からアウディのアクティブセーフティ性能とスポーツパフォーマンスをダイナミックに体験できるコースを設定し、これまで3000人以上が体験しているという。

そして2016年、アウディドライビングエクスペリエンスは12回開催される。その内容について、アウディジャパンマーケティング本部部長の青木雄一郎さんは、「雪上を想定した悪路の走行で、クワトロやアウディのプロダクトの性能がどのように生かせるかという“ウインタードライビングコース”や、緊急回避やフルブレーキングを体験することで、その性能を知り、さらに安全なドライビングが行える“アクティブセーフティコース”を開催する」と話す。

それ以外にもサーキットを使った体験イベントや、フィンランド、アルプス、そして、アウディドライビングエクスペリエンスの本拠地があるドイツのノイブルグでの開催が予定されている。

そして新たなプログラムであるアウディレースエクスペリエンスは年6回(トレーニング3回、サーキットトライアル3回)開催される。これはドイツでも定期的に開催されているものだ。「実際のレーシングドライバーを育成していくことを長期的な目標としたプログラムで、ユーザーの要望に応じてレースで走れる技術を身につけてもらうことを趣旨としている」と述べる。

青木さんは、「これまでもサーキットで開催したことはあったが、レースドライバーの育成を主眼に置いたものは実施していなかった。将来はニュルブルクリンク24時間レースなどに出走するようなレーシングドライバーがここから生まれてくるのではと、長期的な視野も入れてプロジェクトを発足した」と展望を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

    【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  4. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  6. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  7. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  8. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  9. 乗り物をアートする…オートモビルアート連盟の作品展がスタート 7月4日まで

  10. 【ルマン24時間 2016】「トヨタは負け嫌い、捲土重来を期す」…豊田社長

アクセスランキングをもっと見る