【フィアット 500X クロスプラス 試乗】4WD+9速ATは、“活動派”向けのタフ・ギヤ…島崎七生人

試乗記 輸入車

フィアット500X クロスプラス
  • フィアット500X クロスプラス
  • フィアット500X クロスプラス
  • フィアット500X クロスプラス
  • フィアット500X クロスプラス
  • フィアット500X クロスプラス
  • フィアット500X クロスプラス
  • フィアット500X クロスプラス
フィアット・ブランドでは初という“4WD+9速AT”の「クロスプラス」。このモデルはいわば“料理が作れ、生命力と頼り甲斐がありそうな男子”のようなクルマ、だ。

搭載する1.4リットルターボは、シリーズ中の高性能版で170ps/25.5kgm(他は140ps/23.5kgm)。これにトルコンを介して9速ATが組み合わせられる。そのパフォーマンスは140psとはやはり差があり、とくに出足~加速時のモリモリといったトルク感はなかなかのもの。

高速走行時の再加速も余裕が感じられる。100km/h走行時のエンジン回転は9速で1700rpm、8速に落としても2000rpm。ATの学習機能が働き、ドライバーの運転のしかたに馴染めば変速がより的確になりそうな感触。静粛性、振動の小ささも印象的だ。

18インチを履く足回りは、やや引き締まった感触。FFモデルがサラッとした乗り味なのに対し、ジープ『ラングラー』を遠くに連想させるような気骨のある雰囲気だ。

ブラウンレザーのシートが備わる室内は、ファブリックシートよりワイルドな趣で、ジープのセンスに通じるものがある。後席は床がフラットで広々としている。4×4を頼りに、FFモデルより行動範囲の広い活動派ユーザーにふさわしいタフ・ギヤだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】これがプリウスの本命だ…高山正寛

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】これがプリウスの本命だ…高山正寛

  2. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】デザイン、走り、プリウスとは全く別のクルマになった…松下宏

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】デザイン、走り、プリウスとは全く別のクルマになった…松下宏

  3. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】「普段はEV、長距離レジャーはHV」具現化したミライ型プリウス…諸星陽一

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】「普段はEV、長距離レジャーはHV」具現化したミライ型プリウス…諸星陽一

  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】非の打ち所がないとは、こういうことか…岩貞るみこ

  5. 【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉

  6. 【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

  7. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  8. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  9. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

  10. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら