マツダ、米国で最も燃費が優れる自動車メーカーに認定…3年連続

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • マツダ CX-5 改良新型
  • マツダ3(アクセラ)セダン
  • マツダ6(アテンザ)の2015年モデル
マツダの米国法人、北米マツダは12月16日、米国EPA(環境保護局)が公表した2014年モデルの自動車燃費報告書において、マツダが1台当たりの企業平均燃費が最も優秀な自動車メーカーに3年連続で認定された、と発表した。

この燃費報告書は毎年、EPAが作成しているもの。米国で1年間に販売された新車に関して、自動車メーカー別に1台当たりの燃費やCO2排出量を算出。これをランキングしたもの。

マツダは、1台当たりの平均燃費が29.4マイル/ガロン(約12.5km/リットル)。3年連続で、1台当たりの平均燃費が最も優秀な自動車メーカーに認定された。なお、自動車メーカーの全体平均は、24.3マイル/ガロン(約10.3km/リットル)。

マツダの平均燃費は、前年に対して4.4%の向上。北米マツダによると、『アクセラ』、『アテンザ』、『CX-5』に加えて、新型『ロードスター』、『CX-3』と、SKYACTIVテクノロジー搭載車のラインナップ拡大の成果だという。

北米マツダのジム・オサリバン社長兼CEOは、「SKYACTIVテクノロジーを用いて、マツダはほぼ全てのセグメントにおいて、クラスをリードする燃費性能を達成できた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  7. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  8. ブリヂストン、AI実装の最新鋭タイヤ成型システムを彦根工場に初導入

  9. フィアット 500 、全世界で8万台をリコール…クラッチに不具合

  10. 新型 シビック タイプR がレンタカーに…3時間1万5750円から

アクセスランキングをもっと見る