【マツダ ロードスター 海外試乗】圧倒的な力強さの2L仕様、バランスなら1.5L…河村康彦

試乗記 国産車

マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
  • マツダ MX-5 ミアタ
「10年ぶりのフルチェンジ」で、話題沸騰中のマツダ『ロードスター』。太平洋を渡ると『MX-5 ミアタ』へと名を変えるそんな新型のアメリカ・バージョンを、陽光眩く日中ならば11月になっても半袖でOKという、ロサンゼルスの近郊で試乗して来た。

舞台は、ロスのダウンタウンから北に20kmほどの国立森林公園内を貫くワインディングロードと、そこに至るフリーウェイがメイン。雨の心配も無用なアメリカ西海岸ならではの気候と、そんな走りのロケーションの組み合わせは、なるほどこの地こそが世界のオープンスポーツカーの聖地と言われる理由を、改めて納得させられるものでもあった。

ところで、日米仕様の両車には決定的な相違点が存在する。エンジンを2リットルから1.5リットルへと“ダウンサイズ”させた日本仕様に対し、アメリカ仕様は相変わらず2リットルという排気量のままというポイントだ。

当然ながら、両車の心臓が発する出力には、少なからざる差が存在。日本仕様の131ps/150Nmという最高出力と最大トルク値に対して、アメリカ仕様は155hpと148lb-ft。すなわち、表示単位を合わせるとそれは約157ps/201Nmと、「日本向けバージョンよりも遥かに強力」ということになるのだ。

実際、“ブレンボ/BBSパッケージ”を装着した「クラブ」と呼ばれるグレードのMT仕様に乗り込んでクラッチミートをした瞬間に、日本仕様車とは一線を画した力強さはすぐに体感出来た。

こちらであれば、1.5リットルモデルでは苦しい1→3→5速といった街乗りシーンでの“飛ばし”のシフト操作にも難なく対応してくれるし、フリーウェイ特有の「速い初速からの合流加速」でも、十分な余裕が感じられる。加えて言えば、駆動ギア比は日本仕様と同一にも関わらず、こちらであれば6速ギアのままで、そこからそれなりの加速も可能なのだ。

端的に言って、“より楽に、かつスピーディな走り”が楽しめるのがこちらアメリカ仕様。少なくとも動力性能面では、「日本仕様とは別グルマ」と表現してさえ過言ではなさそうだ。

一方、開発陣が執拗に「ベストバランスは1.5リットルの方」とコメントする理由も分からないではない。前述のように、動力性能面に優れる2リットルモデルは、その分「エンジンの存在感が強過ぎる」という気がしないでもないからだ。

サウンド面でも、より好印象が抱けるのは1.5リットル。2リットルユニットが発するのは、“サウンド”というよりも“ノイズ”と表現した方が適切でありそうな、少々雑な音色。

日本仕様でも、首都高速上に続く段差などでは意外にチョッピーで辛い乗り味を示すが、そうした傾向はやはりフリーウェイのコンクリート路面でも同様だった。ちなみに、ここでのアメリカ仕様が装着していたタイヤは、205/45R17サイズのブリヂストン「POTENZA S001」。それが発するロードノイズが思いのほかに大きいことも、「良い音が聞こえない」という印象に拍車を掛けてしまっていた。

一方で、ワインディングコースでのハンドリング感覚はゴキゲンそのもので、そこでは“エンジンが大きいこと”は気にならない。フットワークに関していえば、2リットルユニットの搭載がバランスを崩した、という感覚はないということだ。

結論からすれば、「確かに、よりバランスに優れるのは1.5リットル。けれども、だからと言ってそれが2リットルモデルを日本で売らない理由にはならないはず」というのが個人的感想。

マツダは日本一のスポーツカーメーカーなのだから、そんな“特殊車両”の商売とは「新型を登場させた時がスタートの時」であるのをすでに熟知しているに違いない。

であれば、2リットルという“発展形のロードスター”はいずれ日本市場にも展開せざるを得ない日がやって来るはず。何しろ、その最有力となるであろうターゲットが、現行1.5リットルモデルを手にしたユーザーなのは間違いないのだから。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★


河村康彦|モータージャーナリスト
自動車専門誌編集部員を経て、1985年よりフリーランス活動を開始。現所有車はポルシェ『ケイマンS』、スマート『フォーツー』、そしてVW『ルポGTI』(ただしドイツ置き去り)。
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【BMW M2クーペ 試乗】BMWヘリテージモデルと比較される、エッセンスが凝縮された1台…中村孝仁

    【BMW M2クーペ 試乗】BMWヘリテージモデルと比較される、エッセンスが凝縮された1台…中村孝仁

  2. 【DS 3 試乗】ツウ好みの痛快な走り、相変わらず…島崎七生人

    【DS 3 試乗】ツウ好みの痛快な走り、相変わらず…島崎七生人

  3. 【シボレー コルベット Z06 試乗】アクセル“ひと踏み“100km/hオーバー、最強のアメリカンV8…桂伸一

    【シボレー コルベット Z06 試乗】アクセル“ひと踏み“100km/hオーバー、最強のアメリカンV8…桂伸一

  4. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

  5. 【メルセデスベンツ GLC 試乗】700万円オーバーも Cクラスワゴン と比べれば割安…松下宏

  6. 【BMW M5 試乗】噂には聞いていたが、この過激さは「化け物」…中村孝仁

  7. 【BMW M2クーペ 試乗】日本のために作られたような“ジャストな”スポーツクーペ…諸星陽一

  8. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 前編】人馬一体を感じさせる足回り、ハイブリッドとの違い顕著に…井元康一郎

  9. 【日産 エクストレイル 試乗】NISMOパフォーマンスPKG、その引き締められた足まわり…岡本幸一郎

  10. 【日産 エクストレイル ハイブリッド 試乗】車重を感じさせない軽やかすぎる乗り味に感動…青山尚暉

アクセスランキングをもっと見る